« 「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理 | メイン | 「九分九厘 ざんまい屋」 大阪・梅田・お好み焼き »

2010年1月15日

「魚津屋」 京都・御前高辻・日本料理

昨年末の記録が少し残っています。

京都御前通、
五条から少し北に行ったところにある「魚津屋」です。
分かりにくい場所ですね、
というか周りにそんな食べ物屋が多いエリアではありません。


冬の蟹、夏の鱧、春の海鱒と年に三回は訪れたい料理店です。


乾燥枝豆の白和えから。

10011543.jpg

最初から少しひねりが効いています。

次は蕗の炊き合わせ。

10011544.jpg

このバランスというか順序のユニークさ。


前菜です。
サヨリ、クリームチーズの味噌漬け、カラスミなど。

10011546.jpg

酒を飲むためのメニューです。


これが傑作、フグのひれスープ。

10011547.jpg

ひれ酒の変わりに
フグのアラでとったダシにフグのヒレが入ります。
なんとコクがあり、おかわりが欲しいぐらい。


フグの皮も表面に近いところから順番に。

10011549.jpg

クレソンにネギ。軽やかな酸味のだしが見事ですな。


アンキモに大根。

10011551.jpg

だしをしっかり含んだ大根にアンキモが絡む。良いですね。


フグの薄造り。

10011554.jpg

これは王道です。文句なし。

ブリの炭火焼。

10011556.jpg

ワサビと塩で。単純な料理ですが、
インパクトありで記憶に残ります。


さあ蟹の登場、まずは茹で蟹から。

10011557.jpg

この甘みは弾けてゆきます。


蟹味噌。

10011560.jpg

旨いに決まっています。


味噌をだいぶ食べてから
たっぷりのワサビと

10011561.jpg

ご飯を入れます。

10011563.jpg

味噌のリゾットです。強烈な一品です。


焼蟹も

10011564.jpg

ちゃんと食べました。


黒豆。

10011566.jpg

ほのぼのです。


カブラのおしのぎです。

10011567.jpg

これにはやられました。


定番のちりめんご飯です。

10011568.jpg

安心のコースです。


このように至るところに
主の智恵と技が散りばめられています。
ツボを押さえています。次回は春の一瞬ですね。

魚津屋
京都市中京区御前高辻
075-312-2538

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

10011555.jpg

投稿者 geode : 2010年1月15日 12:46