« 「レストロ エスパス トランキル」 神戸・中山手・フレンチ | メイン | 「魚津屋」 京都・御前高辻・日本料理 »

2010年1月14日

「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理

今年初の中華料理は、
京都の創作中華「一之船入」から始まりです。


まずは
上海蟹の老酒漬けと数の子の老酒漬けです。

10011406.jpg

これは酒の弱い人なら完全に酔っぱらいです。
まさに酔っぱらい蟹と酔っぱらい数の子。
最初から、剛速球が飛び込んできたのです。

続くは、
フカヒレですがソースは上海蟹の味噌です。

10011409.jpg

このフカヒレがぶっとい。
そこに蟹味噌の濃い味が絡む、絡む。

10011411.jpg

取り分けるとこんな感じ。豪腕のヘビー級ですね。


次は
「これ門上さん食べたことないですね」と魏さんが供したのは
「高知で取れた手長海老」。

10011414.jpg

これがなんと伊勢海老ぐらいのサイズで
身は驚くほどしっかり。こいつは驚異。


そしてアワビ、ウニ、黄ニラ、トリュフ、福建省の海苔。

10011416.jpg

このメニューがなんともあっさり感を思わせるのです。


レンゲに入った海ツバメの巣。

10011417.jpg

これをアサリと紅麹のスープに入れます。

10011418.jpg

微妙な酸味と旨みの饗宴です。


キハダの醤油煮込み。これは贅沢な一品。

10011421.jpg

炒飯にかける。

10011420.jpg

ご飯とキハダの味わいは、見事な出会い。
唸りますね。


最後に

10011423.jpg

杏仁豆腐で締めです。

しかし、引き算なしの攻めの連続。
これも一つのスタイルかもしれません。
いやあ、魏さんの創作中華を堪能しました。

10011405.jpg

一之船入
京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
075-256-1271

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

10011455.jpg

投稿者 geode : 2010年1月14日 11:41