« 「お食事処 金時」 京都・堀川五条・和食堂 | メイン | 『魔法のレストラン 茶屋町マルシェ』開催!のご案内 »

2009年12月 4日

「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理

この日は、飲食関係7名の会食です。
京都は河原町二条下ルの創作中華「一之船入」です。

メンバーがそろい、メニューが始まります。

前菜。
コッペ蟹の老酒漬けです。
しっかり漬かってます。老酒と蟹の旨みが拮抗状態。

09120426.jpg

それと右側の京鴨ロースにネギソース。
どちらも濃厚な味わいでスタートです。


フカヒレの料理は上海蟹のソースという
これまた剛速球で勝負です。

09120429.jpg

連続してインパクトありの料理です。


次は帆立の料理ですが、
雲丹にトリュフ、黄ニラときました。

09120430.jpg

これでもかという料理が続きます。


そして一見、海老のチリソース。
ですが、なんと松茸とポルチーニが入っています。

09120433.jpg

そのエキスがソースに溶け込み、
見た目を裏切るしっかりした味わいです。


メインとなる京都ポークです。
これは下仁田葱も加わり自家製XO醤で味付けしているのです。

09120434.jpg

「これまでどれも引き算という料理がないですね。
 ここまで旨みで押してくるコースも珍しいです」と
「一之船入」初体験の人達が驚きの声をあげられました。


そして黒米の炒飯です。

09120435.jpg

これもしっかりです。


スープが付いてきます。

09120437.jpg

アサリのエキスが効いた味には
「普通、炒飯のスープはあっさりしていますが、ここはやはり・・・?」と。


締めは担々麺。
これも
胡麻、ピーナッツ、カシューナッツなどを練り込んだスープは驚愕です。

09120438.jpg

どこまでも手綱を緩めることなく、旨みは続きました。


デザートは

09120440.jpg

杏仁豆腐です。


オーナーシェフ・魏さんの面目躍如というコースでした。

どこまで押してくるのか。
食べ続けた7名の胃袋もたいしたものでした。


09120423.jpg

一之船入
京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
075-256-1271


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09120455.jpg

投稿者 geode : 2009年12月 4日 12:05