« 「食事処 とんでん龍」     釧路・武佐・食事処 | メイン | 「クーカル奈良 トゥールモンド」奈良・シェフズステージ・フランス料理 »

2009年11月17日

「なかむら」 京都・富小路御池・日本料理

休日の昼、打合せを兼ねての食事です。

「一子相伝 京の味 なかむら」。
白味噌雑煮や甘鯛の酒焼きで名高い料亭です。

09111746.jpg

座敷に入り、男性三名での打合せとなりました。


美しき女将さんが出てこられました。

まずは先付。
イクラの醤油漬けですが、
下にはタラバガニがしっかり入っています。

09111726.jpg

旨みの二重奏、
上にのった大根おろしがまとめ役ですね。


さあ来ました。
一子相伝の白味噌雑煮です。

09111728.jpg

一切だしを使わず味噌と水だけで作る雑煮です。
中には焼き餅と辛子のみ。
これがだし抜きの味かと思うぐらいに旨みが効いています。
至福の一椀です。


向付けは、
鯛、イカ、皿の奥にかつおです。

09111730.jpg

包丁が冴えわたる料理です。
素材の質と技が一体となり、
生で食べる醍醐味を味わいました。


次は八寸です。
鯖寿司に子持ち鮎、海老に銀杏、栗など秋が満開です。

09111733.jpg

一つひとつ隙のない味の含ませ方。
鯖寿司の絶妙な脂と酢の加減など、
料理人の卓越した技と感覚を楽しんだのです。


小さな鍋は
鱧と松茸。

09111734.jpg

この季節ならではの一品です。
鱧もそろそろ終盤です。
黄金の組み合わせはストレートに響きます。


そして甘鯛の酒焼きです。

09111738.jpg

こんがり焼き上がった香ばしさと甘鯛の旨み。
ペロリと平らげ、その後お湯をかけていただくと・・・ 

09111739.jpg

また、
だしのようなおいしさを楽しむことができるのです。


締めは松茸ご飯です。

09111741.jpg

このご飯、
米粒一粒ひと粒に、松茸の味がしみ込んでいます。
贅沢です。


最後のデザートは柿です。

09111745.jpg

真ん中に紅茶のジュレが入っています。
そのバランスが見事です。

老舗の実力を堪能した時間でした。

なかむら
京都市中京区富小路御池下ル
075-221-5511


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09111755.jpg

投稿者 geode : 2009年11月17日 11:40