« 「マルディグラ」 東京・銀座・フランス料理 | メイン | 「開化亭」 岐阜・鷹見町・中華料理 »

2009年8月20日

「ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル」 東京・恵比寿・フランス料理

日曜日の夜遅く、ソムリエ氏達と東京・恵比寿、
というか広尾に近いビストロへ。
ここは白銀台のフレンチ・レストラン「シェ・トモ」の姉妹店です。

カジュアルな雰囲気、
ワインがしっかり揃ったビストロですね。

09082062.jpg

根セロリのサラダ。

09082051.jpg

これがシャキッとした歯応え、酸味の効いた味付け。


青唐辛子のオムレツ。

09082054.jpg

唐辛子のピリッとした辛味が、実にいいアクセントとなっています。


花愁仔豚の料理です。
頭の肉のバロティーヌ、肩肉のパテ、もも肉・内臓のポシェ、
ロース・バラ肉チャップのロースト。

09082055.jpg

この仔豚は千葉県産。読み方はカシューコブタ(花愁仔豚)。
千葉県はピーナッツの生産地でもあり、カシューナッツも。
それらにちなんで「花愁」と名付けられたそうな。
それぞれの部位の味わいをしっかり楽しめる一品です。


アリゴも頼みました。
アリゴとは、マッシュポテトにたっぷりのチーズを練り込んたもの。

09082059.jpg

オーヴェルニュ地方は、美味しいチーズの産地で、
それを使った郷土料理の中で最も有名なもの。
ねっとりした口当たりもいいです。


このようにナイフ・フォーク・スプーンが
入っていて料理毎に使うのです。

気楽に楽しめ、
ついつい時間が流れてゆくのを忘れてしまいそうでした。

09082060.jpg


ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル
東京都渋谷区恵比寿2-23-3 1F
03-3440-5858


新著「スローフードな宿2」(木楽舎)が発売となりました。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09082000.jpg


門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年8月20日 11:45