« 「アリアラスカ Marble tre」(マーブル トレ) 大阪・中之島・イタリア料理 | メイン | 「レストラン ミチノ ル トゥールビョン」 大阪・福島・フランス料理 »

2009年8月10日

「炭火割烹 いふき」 京都・先斗町・炭火割烹

元文藝春秋の編集者や作家、あまから手帖の編集者で
京都・先斗町の炭火割烹「いふき」に向かう。

スタートは午後5時半。
まずはウニの玉子豆腐から開始です。

09081030.jpg

ほのかなウニの味わいが美味。
いい先付けですね。

もう一品、先付けが。
小鯛の昆布締めにのこぎりカニ。酸味が効いています。

09081031.jpg

どうやらこのカニは「ノコギリガザミ」のことのようです。
結構濃厚な味わい。


椀物は、
鱧に松茸、アワビとやはり立秋を感じさせる椀種。

09081033.jpg

でも外は蒸し暑い。
この椀物は少し秋を呼ぶ気配が漂っていました。


造りは淡路の鯛に鱧、ヤリイカです。

09081035.jpg

鱧がねっとり旨し。イカも甘み充溢です。


小ぶりの鱧寿司が挟まれました。

09081036.jpg

嬉しいですね。


焼き野菜です。これがなかなか秀逸。

09081038.jpg

焼いたズッキーニ、焼きイチジクに味噌、新銀杏、鷹峯唐辛子、
赤万願寺などなど、目に飛び込んでくる美しさも鮮やか。
楽しい一皿。

焼き物は甘鯛を選びました。

09081041.jpg

脂の乗りも適度で骨をしゃぶってしまいました。


酢の物は

09081042.jpg

もずくです。


野菜の炊き合わせ。

09081043.jpg

そろそろ終盤です。


〆のご飯は、

09081045.jpg

鱧の炊き込み御飯です。


新潟の八色スイカ。

とにかく話題が次々に広がってゆくのです。
開高健さんのことや伊丹十三さんのことなど、
興味は尽きることのない宴でした。

09081047.jpg

炭火割烹 いふき
京都市中京区先斗町四条上がる二十一番路地
075−211−3263

新著「スローフードな宿2」(木楽舎)が発売となりました。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09081011.jpg


門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年8月10日 12:15