« 「レストラン ヴァリエ」 大阪・中之島・フランス料理 | メイン | 「創作中華 一之船入」 京都・河原町御池・中華料理 »

2009年7月23日

「珈琲工房 てらまち」 京都・三条会商店街・珈琲店

前から気になっていた一軒の珈琲店。
それが京都三条会商店街の中にある「珈琲工房 てらまち」です。
その原因は焙煎機にあり。
熱風式焙煎機で豆を焙煎しています。

この日は、ランチミーティングが京都の北であったので、
その前に『あまから手帖』5月号で掲載させて頂いたお礼も兼ねて
伺いました。


まさに商店街の中、
入るとすぐ目の前に熱風式焙煎機が鎮座しています。
その左側にはコーヒーミルやドリップ、
ペーパーなどのグッズがぎっしりと並んでいます。

09072360.jpg


熱風式焙煎機は、三本のノズルから200度を超える熱風が噴出し、
豆を攪拌するシステム。

09072357.jpg

熱風で攪拌するのでムラが出ないということです。
みるみるうちに生豆が色づき、焙煎されてゆくのが分かるのです。


その時に、チャフ(豆に付く皮)が画像の右上に吸い出されます。

09072358.jpg

それが焼ける匂いが付かないため、
すっきりとした豆の仕上がりになるのです。


「ウチのは深煎りといっても、これまでこの種に慣れておられる方は、
これは軽やかと感じられるはずです」

09072352.jpg

と、店主の寺町靖之さん。


そして長いカウンター。
マンデリンを飲みました。

09072351.jpg

たしかにこれまで僕が頂いていたマンデリンの土っぽさや
苦味が前面に出てくるのではなく、
酸味やフルーティな薫りも楽しめたのです。


飲み終え、ドリップの話しになりました。

09072354.jpg

「銅のドリップを使っています。これは一番変形しやすいのです。
 陶器は穴の形が揃っていないことがあります。
 プラスティックのは業務で使っていると、熱で穴が変形するんです」と
説明して下さいました。

商店街、
つまり町のコーヒー屋さんとしてきっちりここに溶け込んでいる様子です。

09072359.jpg


珈琲工房 てらまち
京都市中京区三条通大宮西入ル上瓦町64-26
075-821-6323

お知らせです。
新著「スローフードな宿2」(木楽舎)が発売となりました。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09072344.jpg

門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年7月23日 16:00