« 「ヤマガタ サンダンデロ」 東京都・銀座・イタリア料理 | メイン | 「わさ」 東京都・八雲・中華料理 »

2009年6月25日

「一碗水」( イーワンスイ ) 大阪市・堺筋本町・中華料理

東京から新大阪。そこから本町に直行です。
「紀伊国屋書店」で「スローフードな宿2」を
平台に置いて頂いているので、訪問しました。
ありがとうございます。

そこからすぐの「一碗水」( イーワンスイ ) へ。
この日は由布院のメンバーと5名です。
由布院の人達はホントに熱心で、
気になる飲食店にはすぐに足を運ばれるのです。

09062513.jpg


6種類の前菜が出ました。
鶏の挽肉と干し貝柱を布豆腐で包み蒸し上げたもの。

09062591.jpg

貝柱の旨味です。


揚げ茄子に実山椒ソース。

09062592.jpg

この実山椒の辛味と茄子の相性見事。


山科唐辛子を、高菜やニンニクなどを合わせた調味料で炊いたもの。

09062593.jpg

その調味料独特の味わいがクセになりそう。


マナガツオの香り揚げ。

09062594.jpg

しっとりしながら濃厚な味わい。


マナガツオとスズキとアイナメの内臓をペースト状にし、
そこにピータンなどを入れて固めたもの。

09062595.jpg

これも酒が欲しくなる。


アヒルは、

09062597.jpg

醤油煮込みと塩漬けの二種類。

このようにバラエティに富んだ前菜が次々登場、
これで食欲はハイテンションです。


スープですが、上湯に豆腐、ジュンサイ、スズキ、筍、椎茸などが入ります。

09062598.jpg

うっとりするほどの旨さです。


アイナメ、四角豆、ゴーヤ、中国オリーブの炒めもの。

09062501.jpg

アイナメの旨さがひかります。


根曲がり茸、空豆、中国の餅をナズナソースで。

09062502.jpg

根曲がり茸の旨いのなんの。こんなメニュー、たまりません。


伊賀豚ですが陳皮を漬けた水で豚をもむ。

09062504.jpg

それを火入れするのですが、その柔らかさは驚くほど。


タマゴは、キクラゲ、トマトを入れ黒酢にラー油、パクチで仕上げ。

09062507.jpg

トマトの甘みや酸が一緒になります。


お粥も素晴らしい。

09062509.jpg


デザートは

09062510.jpg

マンゴープリンと


ライチで締めくくります。

09062512.jpg

なんともメリハリの利いた組み立てでした。

全員大満足でした。


「一碗水」( イーワンスイ )
大阪市中央区安土町1-4-5
06-6263-5190

お知らせです。
新著「スローフードな宿2」(木楽舎)が発売となりました。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非とも書店にてご覧ください。

09062540.jpg

門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年6月25日 11:03