« 「VIRON」( ヴィロン ) 東京都・渋谷・ブーランジェリー | メイン | 「一碗水」( イーワンスイ ) 大阪市・堺筋本町・中華料理 »

2009年6月24日

「ヤマガタ サンダンデロ」 東京都・銀座・イタリア料理

山形・庄内「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフが、
東京のレストランをプロデュースしました。
銀座にある「おいしい山形プラザ」の2階。
1階は物産が並んでいますが、多くのお客さんで溢れていました。

この日は、ランチです。
ランチコースは二種類に分かれ、お魚とお肉。
僕はお肉をチョイスしました。

09062490.jpg


まずは新鮮野菜のバーニャカウダです。

09062475.jpg

普通のバーニャカウダはニンニクとアンチョビですが、
ここのソースはカリフラワーです。人参が甘い。

09062476.jpg

またグラスの中に入るのは、小さなメロンの子なんです。

庄内牛のタルタータ。パルミジャーノのクレソン。

09062479.jpg

まわりに振ってあるのが竹墨の塩。
牛の香りも味わいも見事です。


メインは、
庄内豚のグリル、山形そばのピッツォケッリとキャベツ、野菜です。
これは一つひとつ別々に食べてもよし、三種合わせて食べてもよし、なんです。

09062483.jpg

確かに混ぜると複合的な味わいが生まれ、楽しい。
つまり日本人がご飯とおかずを一緒に食べる口中調理を
この皿は実践できるのです。


庄内発芽玄米と月山の水。これはなかなかユニークな味わいです。

09062484.jpg

玄米をたっぷり、少し塩を加えると、また旨味が増してきます。
カリッとした食感がいいですね。


デザートはキャラメルムースです。

09062485.jpg

そこに先ほどの発芽玄米をかけると、

09062487.jpg

香ばしさも加わり、また別の楽しみが。


珈琲は「堀口珈琲研究所」と「アル・ケッチァーノ」との共同開発。

09062488.jpg

すっきり飲みやすい珈琲です。


奥田シェフは月に一回ほど来られるそうですが、
シェフの思想は、見事に表現されています。

身体が元気になってゆくランチでした。

09062489.jpg


東京都中央区銀座一丁目5-10
ギンザファーストファイブビル2F  
03-5250-1750


お知らせです。
新著「スローフードな宿2」(木楽舎)が発売となりました。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非とも書店にてご覧ください。

09062240.jpg


門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年6月24日 12:10