« 「ラ バッロッタ」 大阪・日本橋・イタリア料理 | メイン | 「季節料理 津むら」 大阪・新深江・日本料理 »

2009年5月 7日

「クッチーナ イル ヴィアーレ」 京都・堀川御池西入・イタリア料理

「ビタミンQ」という新人バンド。
とはいってもメンバーは加藤和彦さん、小原礼さん、
屋敷豪太さん、土屋昌巳さんと年齢は高い。
その二度目のライブが京都会館であった。

その後の夕食。
岐阜や岡山からの友人達と、
京都堀川御池西入の
イタリア料理「クッチーナ イル ヴィアーレ」です。

前菜は季節の野菜をたっぷり使った一皿。
これはオーナーシェフ・渡辺武将さんのスペシャリテ。
水牛のモッツアレラ、生ハムにルーコラ、タラの芽など各種。
それらが渾然一如となってダイナミックな皿を作り上げる。
身体の中に元気が入り込んで来るようです。

09040794.gif


パスタは2種類。
まずは手打ちのビーゴリーに、タケノコ、生ウニ、クレソン、
そしてボッタルガ(カラスミ)がかかる。

09050797.gif

ややぼそぼそとした食感に旨みがからみつくのです。


次が驚きのパスタ。
ニョッキなんですが、なんとニョッキより
ホワイトアスパラガスのほうが多いんです。

09040799.gif

やられましたね。ボルドーのアスパラガスは繊維質も強く、
日本のそれに比べると苦味も強いのです。
そこにイタリア・ピエモンテの小さな街・ブラの名前を冠した
「ブラ」というチーズがプラス。苦味との相性がいいですね。


メインは仔牛のヒレにしました。

09040701.gif

そこにゴルゴンゾーラチーズのソース。
チーズのコクで仔牛も旨くなっています。


デザートはリコッタチーズのムースや
レモンのソルベなど。

09040702.gif

この広島のレモン、香りも味わいも素晴らしいのでした。


ミラノで購入された
新しいデザインのカップで供されるエスプレッソ。

野菜とチーズの使い方が巧みで
安定感のあるディナーとなりました。

09040703.gif

クチーナ イル ヴィアーレ
京都市中京区御池通堀川西入ル大文字町233−1
075−812−2366


門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年5月 7日 12:36