« 「Le Premier Cafe」(ル・プルミエ・カフェ) 大阪・心斎橋・コーヒー専門店 | メイン | 「グリル大悟」 大阪・谷町9丁目・洋食 »

2009年4月16日

「一之船入」(いちのふないり) 京都・河原町御池・中華料理店

パリ在住で、現在東京・田園調布に食のスペースを持たれる
料理研究家・上野万梨子さん達と
京都・河原町御池近くの中華料理店「一之船入」(いちのふないり)に。

僕は上野さんと店主の魏さんと一緒に、
昨年末、岐阜の「開化亭」という中華料理店に訪れました。

前菜から魏さんのパワー全開です。
フカヒレ・筍・菜の花を上湯ゼリーで固めたものです。
上にはウニとキャビア。アスパラガスも付いています。

09041656.jpg

続いて登場したのが太いフカヒレです。

09041660.jpg

これは上湯と山椒水でじっくり火を入れたというモノです。
旨み濃厚。


サヨリの揚げ物です。

09041663.jpg

上からココナッツとカレー風味のパン粉がかかります。
香ばしさにカレーと食べる楽しみが広がってゆきます。


大正海老にはからすみが挟んでありました。

09041665.jpg

そのコクと旨みの相乗作用で、海老の味が深まってゆきます。


椀物なのですが、蟹の餡かけ。

09041666.jpg

自家製の白玉の中には干し貝柱などが入り、
凝縮した味わいがしっかり残ります。


名物担々麺。

09041667.jpg

やや甘みもあるのですが、これはクセになる逸品です。


締めに軽くジャコ炒飯です。

09041669.jpg

いつもながら攻めの料理が続く楽しいひと時でした。


一之船入(いちのふないり)
京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
075-256-1271

門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年4月16日 11:10