« 「ルール・ブルー」 大阪・肥後橋・フランス料理店 | メイン | 「レストラン十両」 京都・聖護院・洋食 »

2009年4月13日

「リストランテ・オルト」 京都・三条衣棚・イタリア料理店

京都・三条衣棚下ルのイタリア料理「リストランテ・オルト」です。
昨年開店。

オーナーシェフの谷村真司さんは、
「エヴァンタイユ」というフランス料理店でも
修業経験のある人物です。

09041353.jpg

この日は、若き料理人も含め8名で訪れました。

まずは前菜です。
水蛸のカルパッチョ 季節の野菜 新タマネギのブランマンジェ。

09041332.jpg

これは、食べ手の食欲だけでなく意欲も興味もかき立てる一品です。
真ん中に新タマネギのブランマンジェ。香りも甘さも素晴らしい。
これをソース替わりに野菜を食べるのです。
それぞれ苦味や青味、甘みなどと絡み合うのです。
水蛸の食感との組み合わせなど驚くことしきりでした。


パスタは4種類からチョイスです。
スパゲッティ スモークしたホタルイカと春野菜

09041333.jpg


スパゲッティ 魚介と九条ネギ

09041335.jpg


スパゲッティ 飯タコとズッキーニのアラビアータ

09041338.jpg


フェットチーネ 仔羊と筍のトマトラグー

09041340.jpg

どの料理もメイン食材と野菜の相性が素晴らしく、
どちらの個性も際立たせることが出来ています。
それをつなぐソースの役割も見事です。
そしてサーブされるスピードも凄いものでした。


メインも4種類からチョイス。
京鴨ハンバーグ グリーンペッパーソース

09041341.jpg


桜鱒のポワレ 蕗の薹のソース

09041343.jpg


京赤地鶏のロースト ローズマリーの香り

09041344.jpg


霜ふり豚ロースと レンズ豆の煮込み

09041346.jpg

どれも的確に調理され、素材の生かし方など仕上がりは見事でした。
京赤地鶏の火入れなど、実に旨みを引き出す技術が詰まっていました。


デザートは、
バルサミコのジェラードにイチゴのソース。

09041347.jpg


ティラミスに黒糖のジェラート。

09041349.jpg


そして最後は、プティフールに、

09041350.jpg


エスプレッソ。

09041351.jpg

大満足のランチとなりました。

リストランテ・オルト
京都市中京区衣棚通三条下ル三条町337−2
075−212−1166


門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年4月13日 11:48