« 「グランメゾン グラシアニ」 神戸・北野・フランス料理 | メイン | 「日本料理 山玄茶」 京都・祇園・日本料理 »

2009年3月24日

「アルバーチョ チャイナ」 京都・四条河原町・中華料理

京都・四条河原町下がる。
小さなビルの二階。
エレベーターを降りると、扉は無くそこはすでに店内である。

カウンターとテーブルが二つ。こぢんまりした造り。
四川料理をベースに様々な献立が並んでいます。

よだれ鶏を見つけたので、注文しました。

これは四川の代表的な鶏料理。
四川風の辛味を利かせたソースがかかります。
ここのはごくごくシンプルで、鶏にそのソースのみ。
野菜などが加わることなし。潔く旨い料理です。

09032461.jpg

蒸し野菜です、滋賀県で購入する野菜ということです。

09032463.jpg

うすいえんどう、金時人参、菜の花、アスパラガス、
シイタケ、タマネギ、ブロッコリーなど
どれも味わいが濃く、野菜はすべて皮のままです。


華シュウマイ。

09032465.jpg

これは豚の肩肉を包丁で叩いて調理したもの。
だから食感もことなり個性的な一品となりました。


スタンダード酢豚。この文字が気になりました。

09032468.jpg

聞くと「京都なんで醤油ベースの酢豚にしました」と。
これも豚肉を巻いた状態で供されるので食感に特徴ありです。
入っている野菜も長芋やれんこん、なすび、ネギなど
具だくさんで嬉しいメニューとなりました。


麻婆豆腐です。

09032474.jpg

これは一口ひとくち辛くなってゆくのです。

09032475.jpg

黒米を入れたややピンクがかったご飯と一緒に頂きました。


締めは油そば。

09032480.jpg

テーブルの横で熱々の油を注ぐとジュッと油が弾けた音。

09032481.jpg

この油の香りとネギが相俟って一つの味わいを生み出すのです。


あとは杏仁豆腐で締めくくりました。

料理も個性的なら、店の造りも個性たっぷり。
面白い一軒です。

09032485.jpg

アルバーチョ チャイナ
京都市下京区西木屋町通松原上ル市之町240−1
河原町アペックスビル2階
075ー361−8039

門上武司食研究所サイトに

2/05 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.15
   日本人のケータリンググループ“スケッチブック”
公開しました。↓

http://www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2009年3月24日 11:04