« 「ベルクール」 京都・元田中・フランス料理 | メイン | 「直珈琲」(なおこーひー) 京都・河原町三条・珈琲 »

2008年12月17日

「竜鳳」 京都・西陣京極・中華料理

南座に出演中の歌舞伎役者さん達と、
京都千本の西陣京極内の「竜鳳」という中華料理の店に行きました。

看板には「ギョウザ・ラーメン」と書いてあるのですが、
「日本一ラーメンのでない中華料理店」と評されたこともある店です。
そのわけは「ラーメンに辿り着くまで、いろんなもんを食べられて、
お腹が一杯にならはんにゃろなぁ。ラーメンはおいしないしねぇ」と
苦笑いのご主人。

ではスタートです。
まずは焼き豚から始まりです。
これがなんとも優しい味わいで、
マスタードとネギをつけるといいんです。

08121710.jpg

そしてギョウザです。

08121712.jpg

形が面白い。皮がぷりっとまるで手打ち麺を食べているように、
粉の旨さがしっかり伝わってきます。

続いてはハンバーグ。

08121716.jpg

ここは中華料理店でありながらなんと洋食メニューも供する店です。
ハンバーグは肉汁たっぷり。上に乗った目玉焼も嬉しい。

鶏の唐揚げですが、天ぷら風の衣。

08121717.jpg


好物の豚の天ぷらです。

08121718.jpg

小さい頃から、この豚の天ぷらが好きなんです。
豚肉の脂分が衣とちょうど上手いバランス。

クリームコロッケ。

08121721.jpg

中はとろっと、かかったドミグラスソースも立派なものです。
これだけ食べていれば、まさに洋食屋です。

次は牡蠣フライ。

08121723.jpg

タルタルソースもついていました。
レモンを搾る、塩で食べるなどみんな色んな食べ方を楽しんでいました。

「あと、なにかありましたっけ」という質問に
  「スパゲッティもあるよ」との返事。
思い出しました。このスパゲッティが傑作。

08121724.jpg

焼き豚を作る時のスープで豚肉とタマネギを炒め、そこにスパゲッティを入れる。
醤油辛さと豚やタマネギの甘さなどがミックスして、
ここ中華ならではの特製スパゲッティの誕生。
「これはやられましたね」とゲストの皆さん大喜びでした。

締めは、頑なに拒否され続けた焼き飯とラーメン。

08121728.jpg

どちらもシンプルながら実に旨いのです。
時にはこのような店で、リラックスして食べるのもいいですね。

08121727.jpg

竜鳳
京都市上京区土屋町通中立売上ル東西俵屋町656−14
075−441−4747


告知です。
2009年1月18日(日)
午後1時30分〜3時
大阪・難波「カタログハウスの学校」で講演を行います。

〜スローな『食』を味わおう〜
http://www.cataloghouse.co.jp/study


門上武司食研究所サイトに

12/02 付、
 ☆『海外通信』Torino 通信 Vol.13
      ピエモンテ・白トリュフの秋
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年12月17日 10:58