« 「杉本家」 京都・新町四条・日本料理 | メイン | 「鉄板 たちばな」 京都・四条・鉄板&うどん »

2008年11月17日

「カンティーナ ピアノ・ピアーノ」 大阪・桜橋・イタリア料理

10月3日にオープンした大阪・桜橋のブリーゼタワー。
その中の商業スペースは「ブリーゼ ブリーゼ」と呼ばれています。
その6階にイタリア料理の「カンティーナ ピアノ・ピアーノ」。
オーナーの村上卓央さんは、関西のイタリア料理界の重鎮です。
「ピアノ・ピアーノ」とはイタリア語で「ゆっくりゆっくり」のこと。
まさにその言葉通りの生き方を実践される人です。

オープンして一ヶ月経過していますが、
「ブリーゼタワー」の飲食フロアは満席が続いています。

午後1時半を過ぎた頃に訪れましたが、テーブル席は満席。
カウンターでの食事です。

08111767.jpg

まずは前菜の盛り合わせ。

08111758.jpg

カウンターの上に置かれた大皿に盛られた前菜から数種類選んで供されます。
定番メニューが多いのですが、
最近あまり食さないので、むしろ新鮮です。
ほっとします。


パスタは、スパゲッティキノコのラグーソース。

08111760.jpg

ラグーとは軽い煮込みですね。
上にパルミジャーノがかかり、それをからめながら食べるのです。
これも懐かしい味ですが、いいですね。

メインは但馬地鶏の香草グリル サルサヴェルデ。

08111761.jpg

地鶏は皮目をカリッと焼いてあります。
このカリッと、そして中がジューシィというのがグリルの王道ですね。
サルサヴェルデとはイタリアンパセリ・にんにく・ケイパー・アンチョビなどを
オリーブオイルで伸ばしたソースです。


最後はエスプレッソかデザートをチョイスですが、
この日はエスプレッソとしました。

食後、村上さんと少し話しました。
関西の料理界の変遷などについて話しを聞いたのです。

08111764.jpg


カンティーナ ピアノ・ピアーノ
大阪市北区梅田2−4−9 ブリーゼブリーゼ6F
06-6136-5667


門上武司食研究所サイトに

10/10 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.13
      コルシカ
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年11月17日 11:48