« 「花むら 東三国店」 大阪・東三国・串カツ&とんかつ | メイン | 「酒中花 空心」 大阪・新町・中華 »

2008年11月11日

「エレファント ファクトリー コーヒー」京都・河原町蛸薬師・珈琲

京都の珈琲屋さんです。
とにかく分かりにくい場所にあります。
河原町蛸薬師を東に入り、高瀬川に出る手前の路地です。
ビルの二階。階段はビルの外にありそのまま店に入ることができます。

細長い店内。テーブル席が二つ、あとは窓に向かうカウンターです。

08111193.jpg

店内奥のテーブル席の横には、種々の本がたくさん積んであります。
その上の棚にも並んでいます。
初めて行った時、その本を見て、
まるで自分の本棚を見ているような気分を味わったのです。

08111185.jpg

伊丹十三、小林信彦、片岡義男、松山猛、植草甚一などなど
好きな作家の本があるのです。不思議な思いです。
聞けばすべて販売用の古本。とはいえ閲覧自由ということ。
嬉しくなってきました。

「東京の友人が古本屋をやっていて、そこから定期的に送ってくるのです」と。

もちろん店名は「象工場のハッピーエンド」が由来とのことで、
棚の上には、村上春樹氏の本もたくさん並んでいました。

それで珈琲ですが、ぼくはマンデリンを頼みました。
苦味と酸味のバランス、ボディのしっかりした味わい、
そしてなにより温度と濃さがぴったりきました。
今の僕にはジャストなマンデリンです。

08111187.jpg

珈琲豆は、北海道美幌町にある自家焙煎の
福井さんという方の珈琲豆を使っているとのことでした。


オーナーの畑啓人さんは、元雑貨屋さんのマネージャー。
あるときイタリアで飲んだ珈琲に魅せられ、珈琲にのめり込み独学の徒です。
そして2007年9月に開店。
この10月からは、午前1時まで営業となりました。
ひとりでふっと訪れて、本でも読みたくなる珈琲屋さんです。

08111190.jpg


エレファント ファクトリー コーヒー
京都市中京区蛸薬師通入る備前島町309−4 HKビル2F
075-212-1808

門上武司食研究所サイトに

10/10 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.13
      コルシカ
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年11月11日 11:05