« 「平田牧場」   山形・庄内空港・豚料理 | メイン | 「霧下」   京都・八坂・蕎麦 »

2008年10月 6日

「京、静華」   京都・岡崎・中華料理

今年の春、京都岡崎に開店した「京、静華」です。
数度訪れていますが、
毎回新鮮な驚きに満ちた料理との出会いが楽しみです。
今回は、奥の個室で8名でした。

食前酒かわりに登場したカクテル。
葡萄とキンモクセイの発泡酒です。
軽やかで爽やかな味わいがいいですね。
気持ちがぐっと食事態勢に入ります。

08100672.jpg

前菜は、9種類。これはここのスタイル。
 烏賊

08100674.jpg


 子持ち鮎の燻製

08100675.jpg

 牛肉

08100676.jpg

 蒸し鶏

08100677.jpg

 サツマイモに南瓜

08100678.jpg

 レンコン

08100679.jpg

 茄子のピリ辛

08100680.jpg

 トマト

08100681.jpg

 海老

08100682.jpg

どれも輪郭がはっきりした料理です。
季節によって少しずつ内容が変わります。


次は、2種類一緒に出てきます。
左手に絹笠茸のスープです。上質な上湯が旨いんです。

08100684.jpg

そこの右手に置かれた紙包み。
開けると松茸の香りが立ちのぼってきます。

08100686.jpg

そのまま食べてもよし、
またスープに付けてもなお良しという料理です。


そして気になる料理、
フカヒレと鮑のオイスターソースに百合根と青梗菜です。

08100689.jpg

このソースに絡まった太いフカヒレのおいしさは見事でした。


次に現れたのがハンバーガー。
いやいやこれは北京の宮廷料理で西太后が好んだ料理だそうです。

08100692.jpg

ゴマパンに鴨肉のミンチを挟みます。
甜麺醤を付けると旨みが増します。鴨肉のしっとりです。


季節のスープです。
栗と白菜。干し貝柱のスープが利いています。

08100697.jpg

秋を感じさせるのですが、白菜の甘さがいいです。


鯉の丸揚げです。

08100699.jpg

最近は出会うことの少なくなった菜単。
さくっとして香ばしく、身は旨みをたたえ、骨までパリパリです。
思わず笑みがこぼれてくる一品でした。


麺は茸の手打ち麺。

08100606.jpg

ご飯はカニと白菜の炒飯。

08100607.jpg

どちらも淡いながらも満足感をしっかり味わいました。


杏仁豆腐も柔らかさ、香りとも素晴らしい。

08100608.jpg


締めはフルーツティーを何杯もおかわりして、
次第に味が濃くなってゆくのを楽しみました。

08100611.jpg

いつもスキッとした透徹な印象を受けるのです。
関西では希有な中華料理店です。

08100612.jpg


京、清華
京都市左京区岡崎円勝寺36ー3 2F
075ー752ー8521

門上武司食研究所サイトに

9/05 付、
 ☆『海外通信』Torino 通信 Vol.12
  全イタリアを覆うローコストブーム
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年10月 6日 10:25