« 「フランス料理店 ア・プ・プレ」 京都・新町的場通 フランス料理 | メイン | 「ガニュパン」 大阪・中津・フランス料理 »

2008年9月22日

「小ばやし」   大阪・梅田・とんかつ

梅田で仕事が終わったのが午後8時過ぎ。
久し振りに阪急東中通りのとんかつ「小ばやし」に向かいました。

この通りにはミルクコーヒーの「マズルカ」や「はやし源」という
焼き肉屋があったりします。
しかし、次第に風俗が増え、通りの雰囲気はかわってゆくのです。

「こばやし」に初めて訪れたのは、
確か三十数年以上も前のこと。
同じ場所ですが、まだ小さい店の頃でした。

箸袋の「トンカツ」のカタカナが、愛らしい。

08092276.jpg

「建て替えてもう20年以上経ちます」とご主人。

そんな会話の中、僕はやはり「とんかつ定食」を頼みました。
値段はとんかつだけだと1400円。定食にすると1600円です。

まずは、ごはんと味噌汁が届きます。

08092277.jpg

ホントに何年ぶりかですが、
ごはんもおいしく、また味噌汁も濃くなっているような気がします。


そしてとんかつです。

08092279.jpg

このとんかつは、豚のフィレ肉の筋を取り除き、
それを包丁で叩いて柔らかくします。
したがって本来豚の旨さと思っている脂分がほとんど無く、
かつ叩いているのでまるでミンチのように感じるのです。


これが独特の食感と旨みを供しているのです。
脂分が大好きな僕ですが、この「小ばやし」のとんかつだけは別格です。
オリジナルといってもよいスタイル。

08092282.jpg

小ばやし
大阪市北区堂山町6-11 ソアール堂山ビル 1F
06-6361-0785

門上武司食研究所サイトに

9/05 付、
 ☆『海外通信』Torino 通信 Vol.12
  全イタリアを覆うローコストブーム
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年4月度「第64回 パトゥ」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年9月22日 14:47