« 「李青」   京都・河原町今出川   喫茶 | メイン | 「じき 宮ざわ」   京都・堺町四条・日本料理 »

2008年8月12日

「神戸元町別館牡丹園」  神戸・元町・中華料理

8名揃って「神戸元町別館牡丹園」に行きました。
ここは家庭料理の延長のような麺類から
豪華宴会料理までさまざまな料理が確実にテーブルに届くのです。

今回は昼ごはん。8名だから可能となるメニューが登場しました。

豆腐のくず煮スープから始まりました。
エビや野菜がたっぷり入り、旨み充分のスープです。

13.jpg

豚肉の料理です。

28.jpg

これは豚肉の皮がパリッと焼けています。
しかし中は極めてジューシー。
内部から滲み出る脂をふきながら焼いてゆく結果です。


レタス包み。

16.jpg

定番ですが、
そぼろ肉とレタスが出会ったときの喜びもひとしおです。

ヘチマの海鮮炒め。

21.jpg

エビ、ホタテ、イカが入ります。
それら海鮮の味が、ヘチマに移っています。

鶏肉と腸詰めの料理。

24.jpg

鶏肉は蒸し焼きのように仕上げています。
ネギやパクチーの香りも生き、腸詰めの塩分も利いています。

牛肉の黒コショウ炒め。

26.jpg

思いっきり黒コショウが入っているので、
その香りと辛さが素材の味を持ち上げているのです。
ここまで大胆に黒コショウを使うのは、やはりここならではです。

豆苗の炒め。シンプルの極みですね。

31.jpg


特製焼売。

33.jpg

肉、エビ、シイタケがしっかり詰まった焼売。
贅沢です。このような点心も凄いんです。

これが締めの白髪ネギの焼きそば。

35.jpg

これもシンプルですが、旨み充満。
麺にしっかり味がついています。
オイスターソースの味とネギの相性にやられました。

デザートはまっかうりです。

37.jpg

決して派手な料理ではないのですが、広東料理の真髄を垣間見た感じです。


神戸元町別館牡丹園
神戸市中央区元町通1丁目11
(078)331-5790


門上武司食研究所サイトに

8/5 付、
 ☆『海外通信』Torino 通信 Vol.11
  東京イタリアン事情
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
 ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年8月12日 11:23