« 「ムッシュ ヨースケ」   東京・目黒・カレー | メイン | 「吟醸らーめん久保田」 京都・西洞院花屋町・ラーメン »

2008年7月29日

「ラヴェニール・チャイナ」   兵庫・夙川   中華料理-

阪急夙川駅そばの中華料理「ラヴェニール・チャイナ」。外に目立つ看板はなく、一見イタリア料理店のような雰囲気を漂わす。

開店は10年以上前のこと。中華料理店といえば、赤と金色という極彩色を使う店がほとんどであった。その時代に、イタリア料理店のような感覚を持った店。いまでこそ珍しくはないが、当時は話題となったものです。

供する料理を、大皿に盛り込んで取り分けというスタイルではなく、ひとりひとりサーブする方式をとったのも早かった。

しかし料理は、四川料理をベースとして広東や北京料理のいいところを組み込んだメニューです。

この日は、8名。京都の若き料理人を含んだグループです。

スタートのサラダが衝撃でした。

1042776.jpg

苦瓜、鳴門金時、スイートコーン、枝豆、青瓜、プチトマト、オクラ、エビ、ミョウガ、アスパラガス、タコ、スルメイカ。ネギと生姜のソースが野菜をつなぐ仕事です。このソースがいいです。中華の前菜で、このサラダにはやられました。インパクト大きいです。

冬瓜のスープ。

1042778.jpg
1042780.jpg

干し貝柱、干しエビ、鶏ガラを使ったスープは結構濃厚ですが、旨みの宝庫です。冬瓜もほっくりと旨い。


ウサギの辛みソテー。

1042782.jpg

付け合わせに使われたプルーンの酸味もウサギとの相性良しです。


がしらの蒸しもの。

1042784.jpg
1042787.jpg

中国料理の得意とする蒸しものです。がしらのぷりぷり感がしっかり残っていました。ネギやパクチーの香りも不可欠ですね。

フランス産鳩の塩揚げ。

1042789.jpg

鳩に打たれた塩の働き、それが鳩の味わいを濃厚にしています。手でもってしゃぶるという食べ方が最適です。下に敷かれた野菜の酢漬けとの出会いも素敵でした。

麻婆豆腐。

1042791.jpg

「僕の原点は麻婆豆腐」と語る料理です。これは本場に近い辛みを出しています。辛いといっても、単に辛いだけでなく香りがあるのです。白ご飯と一緒に食べると旨み倍増です。

オリジナル担々麺。

1042795.jpg
1042793.jpg

具材が別添え、それを一緒に混ぜて食べる。辛みもあるが、それによって麺の旨みを引き出しています。

デザートは、

1042797.jpg

ピンクグレープフルーツ、山椒のアイス、中国風蒸しカステラ、サンメイタンゼリー、カシューナッツ。

中華料理のさまざまなバリエーションが楽しめる献立です。

1042798.jpg

ラヴェニール・チャイナ
兵庫県西宮市羽衣町10-21
夙川K.Sビル? 1F
0798-26-3656

門上武司食研究所サイトに

7/3 付、
 ☆『海外通信』Paris 通信 Vol.11
  アラン・パッサールのバラのブーケ
公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、
  ☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年7月29日 13:38