« 「手打百藝 奈賀井」(ながい)   長野県・上田市   蕎麦 | メイン | 「ぎをん か波羅」   東京・西麻布   日本料理 »

2008年6月20日

「陶々楼」   京都・三条室町   台湾料理

先週末「中身会」というホルモンを食べる会で
ゲスト参加の焼肉ファンに「トトロの炒飯食べたことあります?」と聞かれ
「トトロですか」と聞き返した店である。
「トトロは陶々楼であった」。
京都三条室町上がる東側のビルの二階に
「台湾ダイニング陶々楼」と看板が出ていた。

1041927.jpg

旅仕事のランチをカメラマンのハリーさんと一緒に訪れた。
一階に置かれた黒板に書かれたランチメニュー。
なんとほとんどが麺と炒飯がついて800円である。

1041925.jpg

お互いに「これは安い、値打ちありそう」と
小躍りしながら二階に上がりました。
店内のメニューもホワイトボードに書かれていました。

1041929.jpg

ハリーさんは担々麺と炒飯。

1041931.jpg

僕は涼担々麺と炒飯のセットにしました。
どちらも800円です。

1041933.jpg

どちらも薄味というか非常に穏やかな味わいであります。
とくに炒飯は、いわゆる脂分が利いたタイプではなく、
むしろすっきりと胃袋に収まってゆくのです。

麺との相性を考えれば、この味付けはいいのでしょう。

担々麺もコクと旨みのバランスがいいのです。

1041932.jpg

涼担々麺は、担々麺に比して酸味が少しですが利いていました。
冷たいということを考えれば納得のゆくものです。

1041934.jpg


この日は、担々麺だけでしたが、
メニューを見ているとザーサイロース麺、
台湾拉麺、野菜ラーメンなど気になる料理が並んでいます。


それから驚いたことに、コーヒーまで付いての値段でした。
僕たちは開店の11時に飛び込んだので客はまだの状態でしたが、
おそらくランチ時分には満席になることは必至でしょう。

1041936.jpg


「陶々楼」
京都市中京区室町通三条上る役行者町370-1 白鳥ビル2階
TEL 075-211-9211

門上武司食研究所サイトに

6/19付、

 ☆『海外通信』Paris通信 Vol.10
  ティエリー・マルクスのエクスポジション

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/


その他、

☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」


 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年6月20日 12:21