« 「ノガラッツア」   大阪・西天満   イタリア料理 | メイン | 「DOJI HOUSE」(ドジ ハウス)   京都・北山通   カフェ »

2008年6月17日

「竜鳳(りゅうほう)」   京都・西陣   中華料理

京都の西陣は、西陣織りの街として名高く、かつては映画館が多くあり、
それを囲むように多数の飲食店が軒を並べていました。
「西陣京極」という界隈は、まさにその名残といえるでしょう。
そこに「ラーメン・ギョウザ」と書かれた「竜鳳」という中華料理店があります。

看板や佇まいは、街の普通の中華料理屋さんです。
ところが、店内に表示されたメニューを見ると
ところどころに洋食メニューが潜んでいるのです。

1041919.jpg

とはいっても、まずは焼豚から。

1041904.jpg

淡くしっとり、豚の香りがちゃんと残っています。
旨みもたっぷりです。これにはやられました。

次はギョウザです。「これはおいしいと思うよ。僕が作っていないから」とご主人。

1041905.jpg

奥さんの担当です。
実はこのギョウザ、かつて同じ西陣にあったギョウザの名店「吉林」直伝のものです。
皮の旨さがギョウザの真髄ではないかと思ってしまう一品です。

「ハンバーグ食べはったことあった?」ということでハンバーグです。

1041908.jpg

ふんわりと焼き上がったハンバーグ。
そこにかかるドミグラスソースは濃厚で、
仕上がりのバランスは素晴らしいのです。

鶏の唐揚げです。衣が分厚く、カツはややねっとりなんです。

1041909.jpg

この衣が特徴ありです。
「卵と水と片栗粉だけ」ということですが、惹かれますね。
鶏に対する下味も見事です。

クリームコロッケも頼みました。

1041912.jpg

トロリとはまさにこのこと。
箸をいれるとクリームがこぼれてくるほどです。


豚の天ぷらです。衣は鶏の唐揚げと同じです。

1041914.jpg


にんにく入り焼きめし。

1041916.jpg

一見普通の焼きめしですが、
テーブルに届いたとたん、ニンニクの匂いが立ち昇ってくるのです。


冷めん。さっぱりですが、タレはやや濃いですね。

1041917.jpg

営業は午後6時から午前1時まで。
かつては午前3時までだったそうですが、いまは1時までとなりました。
中華と洋食が同時に味わえる珍しくも貴重な一軒です。

1041920.jpg

竜鳳
京都市上京区土屋町通中立売上ル東西俵屋町656-14
075-441-4747

門上武司食研究所サイトに

5/29付、

 ☆『海外通信』Torino通信 Vol.9
  ヘルシーなのにおいしいルカ・モンテルジーノのドルチェたち

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/


その他、

☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」


 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年6月17日 14:43