« 「京 静華」   京都・岡崎   中華料理 | メイン | 「大豊ラーメン」   京都・木屋町   ラーメン »

2008年5月22日

「鮨 中広」   神戸・兵庫   寿司

「鮨 中広」神戸・兵庫・寿司

何年ぶりだろう。「鮨 中広」が現在の場所に移転したのは平成12年のこと。
それからしばらくして数回訪れました。
今回は「あまから手帖」の連載ページのロケハンです。
金曜日の夜、編集者と二人でカウンターの隅に腰をおろし、
約一時間ほどの滞在です。この場所が良かったんです。
ご主人・中広伸次さんの胸板が非常に厚いのです。
これは原稿に関係するなと感じました。「あまから手帖」8月号です。

昼網で上がったハリイカ、淡路のゴマサバ、舞鶴のトリガイ、
葉ガツオを切ってもらい、
鱧とフルーツトマトのあんかけで、突き出しは終了です。

そこからにぎりに移りました。

1040791.jpg

甘かれいにタイラギガイ。

1040799.jpg

甘かれいは直線的な甘味が口に広がります。

サヨリ。これが素晴らしい香りと旨みです。
じつはご飯の旨みも生きているのです。

1040802.jpg

マグロ。

1040803.jpg

やはりマグロは香りにとどめを刺しますね。

トロ。

1040804.jpg

ハリイカのげそに続いて、
締めたイワシ。

1040806.jpg

このイワシがしっとりとした歯触りで濃い味わい。
それに寿司飯がいい相性。

煮穴子。もう手でつかむのが困難なぐらいの柔らかさです。

1040807.jpg

赤足海老に煮ハマグリ。濃さがいいですね。

1040809.jpg

芽ネギで締めがここのスタイルです。中にはさまれたかつお節が効いています。

1040810.jpg

玉子は二種。右は甘味なし、左は江戸風の甘味ありです。

1040811.jpg

食後はイチゴのシャーベットです。

1040813.jpg

相変わらず、生一本のような中広さんの姿勢に感動です。

1040790.jpg


「鮨 中広」
神戸市兵庫区石井町4丁目2-13
078-578-0556


門上武司食研究所サイトに

本日 5/21付、

 ☆『海外通信』Paris通信 Vol.9
  Agapé(アガペ)での響宴

5/20付、

☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/


その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年5月22日 11:52