« 「湯乃上館」   島根・奥出雲   温泉宿 | メイン | 「鮨 中広」   神戸・兵庫   寿司 »

2008年5月21日

「京 静華」   京都・岡崎   中華料理

この4月20日に開店した中華料理店です。
以前は浜松で長年中華料理店を営んでおられました。
僕も、ずっと前に「三鞍の山荘」という宿を取材する途中に食したことがあります。
浜松に住む友人の紹介でした。

その友人から4月に「あの「静華」が京都に移転です。
私は、どこで中華料理を食べればいいのでしょう」というような内容のメイルです。
不覚にもそのニュースは知らなかった。
すると「菊乃井」の村田吉弘さんからも同じことを聞いた。

この「京 静華」は、5月9日の公開したピッツェリア「ダ ユウキ」の二階です。
店の名前を示すものは二階にしかありません。
ホント、ひっそり営業をしているという感じなのです。

いまのところ営業は夜間のみ。それもおまかせのコース(8000円)だけです。

まず、
メロンのシャーベットに白キクラゲの小さなカップが出てきます。
料理の始まりをつげるサインですね。

1040770.jpg

前菜が素晴らしいのです。9つの皿が並びます。

1040749.jpg

クラゲのマスタード、アイナメの唐揚げ、冷製エビチリ、スミイカと
フルーツトマト、蒸し鶏のピリ辛ソース、すね肉、万願寺唐辛子のピータン詰め、
青えんどうのよせもの、トマト。それぞれきちんと味付けされ、感激ものです。

スープは加茂茄子とアワビの薬膳蒸しスープ。

1040761.jpg

金華ハムなどが使われています。なんとも滋味深い味わいです。


牛肉とタケノコの炒めもの。

1040763.jpg

小タマネギに一寸豆、山椒が入っていますが、
かなりあっさり仕上げています。素材の持ち味はたっぷり生きているのです。


目板かれいの刺身です。カシューナッツ、胡桃、クコ、卵白の麩生地が入り、
グレープシードオイルとピーナッツオイルで和えるのです。

1040766.jpg


1040767.jpg

この卵白の麩生地、食感がいいです。脂分も軽く非常に繊細な刺身です。


湯葉とフカヒレ、
ホワイトアスパラガスに皮付きバラ干し肉という組み合わせです。

1040769.jpg

これも優しいながらも卓越した味付けの料理。


担々麺

1040773.jpg

カニとグリンピースの炒飯

1040777.jpg

最後のデザートは杏仁豆腐です。木樽に入ったそれはぎりぎりまでの柔らかさ。

1040779.jpg


そのあとに出たフルーツティの素晴らしさ。
ライム、レモン、スターフルーツ、イチゴ、などにプーアール茶です。

1040782.jpg

フルーツの香りが見事に供され、食後のお茶として口内も胃袋もすっきりです。


京都でも珍しいさっぱり味の中華料理です。
途中まで、じつはお腹がふくれるかと訝しんだのですが、
最後には満腹状態。失礼しました。
とても居心地のいい一軒です。

1040780.jpg

「京 静華」
京都市左京区岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521


門上武司食研究所サイトに

本日 5/21付、

 ☆『海外通信』Paris通信 Vol.9
  Agapé(アガペ)での響宴

5/20付、

☆「名店の賄い」
   第四回 「ショコラティエ なかたに」

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/


その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年5月21日 10:34