« 「イグレック・テアトル」   西宮・兵庫県立芸術文化センター   フランス料理 | メイン | 「五十家」   京都・木屋町御池下ル   焼野菜 »

2008年5月14日

「レオーネ」   京都・高辻室町   イタリア料理

この日は奥出雲の宿に出かける。カメラマンのハリー中西さんと、京都で待ち合わせ、
昼ごはんを食べてから出発です。
名神高速京都南インターから中国自動車道を経て山陰道へと進むのです。

ランチは先日「あまから手帖」の取材でお世話になった「レオーネ」としました。

1040696.jpg

ランチメニューは一種類。サラダとパスタ(3種類からチョイス)にパンというのが
基本。ここに追加料金でコーヒーまたはエスプレッソ、デザートをプラスするのです。

奇しくも二人ともパスタは同じモノを選択しました。
フレッシュトマトとバジリコのスパゲッティ・アラビアータ。

まずはサラダが届きます。

1040688.jpg

野菜の種類はそんなに多くないのですが、
きちんとドレッシングで和えているのです。
サラダの基本が守られています。


パスタのアラビアータ。

1040690.jpg

トマトの酸味、唐辛子の辛味などが、一皿のなかで見事な調和です。
最後まで残る辛味がインパクトありです。
これも皿は熱々で、いい状態が食べ終わるまで続くのです。


締めのデザートはティラミス。

1040692.jpg

これも皿がしっかり冷えています。
ティラミスの口当たりも素晴らしいものでした。


エスプレッソの濃厚さも的確でした。

1040694.jpg

このように一皿ひと皿、シェフの気合いを感じることができたのです。


夜のメニューも見せてもらいましたが、これは夜にもう一度愉しみたいものでした。


1040695.jpg

「レオーネ」
京都市下京区高辻通室町西入
繁昌町295-1 京都1号館ビル1階
075-351-3898

門上武司食研究所サイトに

5/13付、

☆『海外通信』London通信 Vol.9
  カップケーキにハマる大人たち

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.7「Ch. Lagrange '01 (シャトー・ラグランジュ)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

 ☆「名店の賄い」
   第三回 「料亭 いか里」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年5月14日 17:06