« 「PRINZ」(プリンツ)   京都・北白川   イタリア料理 | メイン | 「かつ丼諸国漫遊記」   あまから手帖 »

2008年4月23日

「PORTA ROSSA」(ポルタ ロッサ)   京都・樟葉   イタリア料理

昼間はライターの寺下光彦さんの結婚式が大阪の「堺筋倶楽部」で、
そこでイタリア料理を食べてから、京阪・樟葉駅からクルマで10分程度の
イタリア料理店「PORTA ROSSA」(ポルタ ロッサ)に直行した。

昨年「あまから手帖」の京阪特集でお世話になった店です。

前菜はカボチャのスープに、自家製ローストポーク、サーモンと新ジャガイモ、野菜の煮込みです。

1040151.jpg


かなり手をかけたしっかりした料理が並びます。
これを食べるとシェフの心意気を感じるというものです。

パスタもメインもチョイスです。
パスタは
イワシと松の実とレーズンのシチリア風煮込みのスパゲッティです。
これが濃厚な味わい、でもすごく安心。

1040154.jpg

イタリア料理が本来持つ地域性をきちんと継承している料理です。
このような安定感のある料理が少数派というのが、現状です。

メインは
鹿児島県産豚肩ロース肉の洋梨漬けグリルです。バルサミコ酢を詰めたソースがかかります。

1040157.jpg

これも丁寧に調理したメニューです。豚肉の脂分が上品で、フルーツの酸味や甘味がそれをうまく包み込んでくれるのです。

デザートはティラミス。
カプチーノも泡の立ち方、描き方も見事です。

1040159.jpg

やや駅から遠い立地ですが、落ち着いて食事をしたいという人にはもってこいのロケーションです。

食後オーナーシェフの藪下康平さんと話していると修業は京都の「タントタント」ということでした。河上昌美さんの元で働いたというのです。偶然とは怖ろしいもので、その日の午後11時半から2時まで「京都イタリア料理研究会20周年記念」の会があり、そこで河上さんと同席になったのです。
ホント、人の繋がりは不思議なものです。

1040160.jpg

PORTA ROSSA(ポルタ ロッサ)
京都府八幡市男山長沢23-9-101
075-982-7762


門上武司食研究所サイトに

4/22付、

 ☆『海外通信』London通信 Vol.8
  気鋭のフード雑誌が、注目したレストランとは

4/14付、

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.6「VINELAND Estates Winery (ヴァインランド エステート・ワイナリー)
      ICEWINE(アイスワイン)」

 ☆「名店の賄い」
   第三回 「料亭 いか里」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年4月23日 12:22