« 「祇をん ちんねん」   京都・祇園   割烹 | メイン | 「PRINZ」(プリンツ)   京都・北白川   イタリア料理 »

2008年4月21日

「ノガラッツァ」   大阪・西天満   イタリア料理

休日の夕食。旧知の友と二人で大阪西天満に3月末オープンしたばかりのイタリア料理店
「ノガラッツァ」にゆく。
シェフの山田義輝さんは、西梅田にある「モード・デ・ポンテベッキオ」で5年間シェフを
勤めた料理人である。
この場所は、以前「パリのビストロ」があったところです。

1040013.jpg

シェフおまかせのコースにしました。パンも手作りです。

1039994.jpg

ウサギのテリーヌです。

1039995.jpg

パイナップルの付け合わせが甘さをたたえ、ウサギとの相性よしです。
スタートからエキサイティング。

つづいてブイヤベース。

1039998.jpg

ほうぼうに、アワビ、ハマグリなどがかなりたっぷり入っています。
ハマグリの味が強く、サフランの香りと混じりいい感じです。


リコッタチーズをつかったパスタ(名前失念しました)はチェリートマトとシラサエビです。

1039999.jpg

トマトの甘みと酸味がうまいバランスで一皿のまとまりを作っていました。

トリッパのパッパルデーレ。

1040004.jpg

トリッパの食感と味わい、そこにしっかりしたパッパルデーレが
受けとめてくれるというパスタ料理です。ソースの力も感じます。

メインは豚肉です。炭火焼き。炭の薫香を軽く纏っています。

1040007.jpg

香りの素晴らしさに続いて豚肉が持っている味の深さと脂分の旨みに辿り着くというわけです。

デザートは、イチゴのズッパです。

1040010.jpg

バニラのアイスクリームとオリーブが。
このオリーブのわずかな脂分も利いています。


非常に洗練された料理が並んでいます。店内は、二カ所にテーブル席が分かれ、
やや雰囲気はことなります。
まだ、開店したばかりで、やりたいことがたくさんあるようです。
当分は全力疾走状態でしょう。そのエネルギーがビシビシ伝わってくる料理でした。


ノガラッツァ
大阪市北区西天満5-6-26
コーポイセマチ1F
06-6363-5553

門上武司食研究所サイトに

4/21付、

 ☆『海外通信』London通信 Vol.8
  気鋭のフード雑誌が、注目したレストランとは

4/14付、

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.4「野飲の醍醐味」

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆今月の「学会」レポート
  2008年3月度「第63回 トゥールモンド」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.6「VINELAND Estates Winery (ヴァインランド エステート・ワイナリー)
      ICEWINE(アイスワイン)」

 ☆「名店の賄い」
   第三回 「料亭 いか里」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年4月21日 14:03