« 「まき埜」   大阪・福島   蕎麦 | メイン | 「ポンテベッキオ本店」   大阪・北浜   イタリア料理 »

2008年4月 2日

「スガッチィー」   徳島・住吉   ピッツェリア トラットリア

「翼の王国」6月号の取材で徳島にでかけました。阿波尾鶏をつかった料理。「ビニョン」というフランス料理店です。そこの浜崎シェフに教えてもらったイタリア料理というか、ピッツェリア&トラットリア「スガッチィー」。

店の電話番号は携帯電話です。そこに連絡し場所を確認する。
「大阪から来ているのでよく分からないのですが」
「クルマにナビはついていますか。電話番号をいいますので」
「入れました」
「中華料理店になりましたか」
「中華料理店です」
「前は中華だったので、そのまま進んでください」
という会話があって、向かいました。
クルマでないと行きにくい場所のようです。駐車場の案内板が出てきました。

1039623.jpg

一軒家のトラットリア。いかにもイタリアという空気が漂っています。

1039599.jpg

店内にはナポリ窯が鎮座しています。
ピッツァは、マルゲリータとクワトロ・フロマジオを選びました。
後者はゴルゴンゾーラ、モッツラレラ、パルミジャーノ、リコッタという4種類のチーズが入っています。


それとわたりガニのトマトクリームスパゲッティを注文しました。

すると、「どちらもランチセットができます。サラダも付いています」との説明です。それに従いました。


すると運ばれてきたのが、細長い皿に盛り込まれたサラダです。
この迫力。

1039601.jpg

グリッシーニ、マッシュポテト、貝柱、タコ、トマト、ピーマン、ワカメなどがたっぷり入る。これだけでもお腹がふくれそうなボリュームです。


マルゲリータ。

1039607.jpg

これは生地の味が非常に上手く出ています。モッツアレラとトマトのバランスもよしです。


4種類のチーズも、ほどよいコクと旨みが調和です。

1039609.jpg

ナポリ窯から出されたピッツァは、なんといっても生地が特徴的。噛む度に旨みが出てきます。


わたりガニのクリームスパゲッティ。

1039613.jpg

ソースもしっかりあれば、クリームも利いて濃厚です。


阿波牛のカツレツ スガッチィー風は、阿波牛の質の良さが舌を大いに刺激します。

1039616.jpg

中身のレア加減を見てください。

1039621.jpg

「残ったソースでリゾットしまよう」と持ち帰りほどなく現れたリゾット。


カニのクリームソースのリゾット、旨いに決まっています。

1039619.jpg

オーナーの菅省士朗さんと話しをすると、元々はフランス料理の料理人だったり、平成調理師学校の教諭などのキャリアの結果、イタリア料理の世界でオーナーシェフを勤めるようになったのです。
いろんな話しは広がるばかりですが、また訪れゆっくり話しを聞きたいものです。
非常においしく、値打ちのある一軒です。


デザートの出していただいた、ココナッツ入りのプリンも見事な一皿でした。

1039622.jpg


1039600.jpg

スガッチィー
徳島県徳島市住吉1-6-11
TEL 090-4333-1495

門上武司食研究所サイトに

3/31付、

 ☆『海外通信』Torino通信 Vol.7
  トリノからドンドン生まれる食の成功企業

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/


その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.6「VINELAND Estates Winery (ヴァインランド エステート・ワイナリー)
      ICEWINE(アイスワイン)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.3「新たな年の始まりに寄せて」

 ☆「名店の賄い」
   第三回 「料亭 いか里」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年4月 2日 13:48