« 「グリル STEREO」   大阪・谷町四丁目  洋食 | メイン | 「スガッチィー」   徳島・住吉   ピッツェリア トラットリア »

2008年4月 1日

「まき埜」   大阪・福島   蕎麦

毎週月曜日は、福島の朝日放送で定例会議がある。午前11時開始、だいたい2時前には終了する。
できるだけ福島界隈で新店に訪れようとするのだが、そうそうめぼしい新店ばかり見つかるとは限らない。

1039579.jpg

この日は蕎麦の「まき埜」が気になっていました。ひさしく足を運んでいないのです。暖簾がたなびいています。すっきりした店内の様子も変わっていません。


いつもなら冷やかけのすだちそばを頼むのですが、花冷えという言葉通りにやや寒い日が続いていたので、つい温かいすだちそばを注文してしまいました。
押し寿司とともにです。

1039577.jpg

届きました。

1039574.jpg

いつもながらの見事な光景です。すだちの爽やかな香りが立ちのぼってきます。
「温かいおそばは、すだちの味が強くなってしまいますので、すだちはいいところで取り出してください」と小皿も用意されています。

1039578.jpg


鶏肉がはいり、コクと旨みが乗っかっただしと蕎麦、すだちの酸味や香りが素晴らしい一体感を生み出しています。
蕎麦を手繰り、出しをすするというか飲む。この繰り返しが楽しい蕎麦です。


たしかにすだちをとりだしたほうが、この蕎麦のバランスはいいです。的確な言葉とサービスが、一杯の蕎麦のグレードを保っているのです。
料理人の矜恃に触れた感じです。

1039580.jpg

まき埜
大阪市福島区福島6-11-13
06-6453-2828

門上武司食研究所サイトに

3/31付、

 ☆『海外通信』Torino通信 Vol.7
  トリノからドンドン生まれる食の成功企業

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/


その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.6「VINELAND Estates Winery (ヴァインランド エステート・ワイナリー)
      ICEWINE(アイスワイン)」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.3「新たな年の始まりに寄せて」

 ☆「名店の賄い」
   第三回 「料亭 いか里」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年4月 1日 12:44