« 「いなせや」   京都・三条柳馬場   鶏料理 | メイン | 「天空」   大阪・南港・ハイアットリージェンシー・オーサカ   中華料理 »

2008年3月24日

「t.v.b」   京都・祇園   イタリア料理

気になりながらなかなか訪れることができなかった京都祇園のイタリア料理店「t.v.b」にようやく出かけました。
祇園南側お茶屋が軒を並べる界隈に、すんなり溶け込んでいる料理店です。

ランチですが、満席状態。各テーブル毎の盛り上がりがいい雰囲気を作りあげていました。

メニューは黒鮑と本マグロ、ペリカンマンゴーの冷製カクテルから始まりです。

1039259.jpg

大きなグラスに入った料理は視覚的にも美しくインパクトありです。食欲が心地よく刺激されるのです。

続いて炙り鰆と山菜のサラダ仕立て えんどう豆のソース。

1039262.jpg

山菜はこごみ、はまぼうふう、うるい、のびる、行者にんにく。脂の乗った鰆に山菜の青味、苦味などが上手くからまり、ソースとの相性も見事です。


蛍烏賊と菜の花の冷製カッペリーニ フルーツトマトのソース。

1039263.jpg

春を感じさせるメニューです。蛍烏賊のコクとトマトの酸味は素晴らしい相性。

1039265.jpg

そこに菜の花を合わせるのはシェフのセンスです。うれしいパスタ料理。


炭焼き真鯛と白子のバベッティーネ 筍と木の芽の香り。

1039267.jpg

温かいパスタです。これも同じく春のパスタ。これだけの素材を重ねながら全体としてのまとまりは、優れものです。それぞれの素材が生きています。


あいなめの蒸し焼き 新玉葱のカプチーノ仕立て。

1039269.jpg

玉葱の旨み、甘みがきちんとあいなめを主役の座に付かせるのです。


仔羊と春野菜のソテー 牡蠣油とトランペット茸のソース。

1039273.jpg
1039275.jpg

野菜は、ズッキーニ、いんげん、スナップえんどう豆、玉葱、ブロッコリー。このメインにはやられました。牡蠣油のコクと野菜の力は大きい。


ヨーグルトのジェラート ブルーベリーのソース。

1039277.jpg


苺と白ワインのタルタル仕立て

1039279.jpg


温かいガトーショコラ

1039281.jpg


珈琲

1039284.jpg

と続きます。

京都というか和の食材を巧みに使いこなしながら、着地はイタリア料理となっています。これがシェフの力量というものです。
まだまだ変化する料理でしょう。楽しみ楽しみ。

1039287.jpg

t.v.b
京都市東山区祇園町南側570-155
075-525-7070

門上武司食研究所サイトに

3/17付、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.6「VINELAND Estates Winery (ヴァインランド エステート・ワイナリー)
      ICEWINE(アイスワイン)」

3/14付、

 ☆『海外通信』Torino通信 Vol.7
  ミシュランガイド・フランス2008年度版刊行!

公開しました。↓

http://
www.kadokami.com/

著者の伊藤文(いとう・あや)さんが翻訳を手がけた、
ピエール・ガニエール&エルヴェ・ティス著「料理革命」(3/10発売)
ジョエル・ロブション著「ロブション自伝」(3/25発売予定)
が中央公論新社より刊行されます。ぜひとも、ご覧ください。

その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.5 「Sine Qua Non (シン・クア・ノン) 」(ロゼ)

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.3「新たな年の始まりに寄せて」

 ☆「名店の賄い」
   第三回 「料亭 いか里」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」

も公開中。↓

http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2008年3月24日 15:34