« 「マルミット」   大阪・天満橋   フランス鍋 | メイン | 「上賀茂 秋山」   京都・上賀茂   日本料理 »

2008年1月16日

「大銀」京都・北白川・食堂

愛知県知多半島から、約10分ほどの篠島の民宿「岬」での取材を終え、カメラマンのハリー中西さんと京都に。
遅めの昼ごはん「どこか食堂でいいとこないですか」という、僕のリクエストに「それなら北白川の「大銀」でしょう」と。

1037173.jpg

外観からして渋い。
中に入るともっと渋い。

1037165.jpg

入ったところのガラスケースにずらりと、見本が並ぶ。それを受けて、裏の厨房で作る。垣間見ると、数人の女性があわただしく働いている。活気がある。おいしそうだ。


テーブル席に座ると、壁面にうどんや丼などのメニューがある。

1037166.jpg

さんざん迷った揚げ句に、サンマ定食に小スープを追加した。

この小スープ、正体は知らず、ハリーさんの言葉を信じた。

1037168.jpg


さて小スープの正体は、少し中華風の味わい、中身は豆腐と椎茸などの野菜。これは身体に優しい。いいですね。

1037169.jpg


サンマの塩焼きは、食堂の定番。文句なしです。定食についた一品が、なんと揚げ出し豆腐。豆腐が重なったのですが、まったく味わいがことなったので問題なし。

1037170.jpg

白ご飯もたっぷり。満腹状態です。

午後1時を過ぎていましたが、ひっきりなしに次々とお客さんがやってくる。

次第に街から大衆食堂という存在が失われてゆくなかで、この「大銀」は貴重でありがたい食堂です。

1037171.jpg

大銀
京都市左京区北白川上別当町4番地
075-711-2625

門上武司食研究所サイトに↓公開中

http://
www.kadokami.com/

 ☆『海外通信』 Torino通信 Vol.4
  年末年始はアウトクトノで酔いしれたい。いや、一年中

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.4 「Japanese Sparkling Delaware(ジャパニーズ スパークリング デラウェア)
      KING SELBY(キングセルビー)」

 ☆「名店の賄い」第二回
  「神戸北野ホテル フレンチレストラン・アッシュ」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.2「日本酒、世界へはばたく」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」

投稿者 geode : 2008年1月16日 16:47

コメント