« 「桃谷楼」大阪・梅田・中華料理 | メイン | 「瀬戸内クルーズ・木乃婦」瀬戸内海・京料理 »

2008年1月 9日

「矢場とん本店」   名古屋・大須   味噌かつ

新春早々「あまから手帖」の旅取材で信州・諏訪に出かけた。鹿と鰻と味噌天丼を食べる旅である。カメラマンはハリー中西さん。

その帰りに名古屋下車。味噌かつ丼を食べるのは宿命のようなものであった。その日は、午後2時頃に「味噌天丼」を食べた。「味噌つながりですな」などといいながら、名古屋駅近辺に「矢場とん」は二軒あるのだが、やはり本店に向かった。

僕達は、ご当地かつ丼を求めている。じつは「あまから手帖」4月号で、これまでの「ご当地かつ丼」食べ歩きの成果を発表です。したがって名古屋を代表する「矢場とん」は本店に向かったというわけです。

1036948.jpg

日曜日の夕刻、予想通りに店には行列です。しばし待つ。客層は若いですね。おそらく僕が長老でしょう。

生ビールのグラスです。このキャラクターが可愛い。

1036940.jpg


オーダーは、

みそかつどん(ロースです)

1036942.jpg


ひれみそかつどん

1036943.jpg


串かつ

1036941.jpg


鉄板焼の4種類です。

1036945.jpg

みそかつどんに関していえば、圧倒的にロースのほうが好みでありました。味噌の持つ濃厚な味わいに対抗するには、豚肉の脂分が力を発揮するのです。

鉄板焼もかなり魅力的なメニュー。熱が加わることによって、味噌の味がより強調かつ濃厚になるのですが、それをキャベツが調和という感じです。これには白ご飯が欲しくなります。

丼の底にも、この愛らしいキャラクターが潜んでいます。

1036946.jpg


味噌かつ丼、一つの形を作った「矢場とん」。この功績は立派なものです。流行るにはきちんと理由があります。それも60年を迎えるというのですから、並大抵のことではありません。

1036947.jpg1036939.jpg

矢場とん 本店
名古屋市中区大須3-6-18
052-252-8810

門上武司食研究所サイトに↓公開中

http://
www.kadokami.com/

 ☆『海外通信』 Torino通信 Vol.4
  年末年始はアウトクトノで酔いしれたい。いや、一年中

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.4 「Japanese Sparkling Delaware(ジャパニーズ スパークリング デラウェア)
      KING SELBY(キングセルビー)」

 ☆「名店の賄い」第二回
  「神戸北野ホテル フレンチレストラン・アッシュ」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.2「日本酒、世界へはばたく」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」

投稿者 geode : 2008年1月 9日 16:12

コメント