« 「エビス軒」北海道・函館市・ラーメン | メイン | 「パセリ」北海道・函館市・カレーライス »

2007年12月20日

「茶夢」   北海道・函館市   丼

函館の第二弾です。

1036435.jpg

1036436.jpg

函館駅すぐ側、函館朝市の一画にある「どんぶり横丁」。そのなかの「茶夢」という店です。ここには何軒ものどんぶり店が軒を並べているのですが、時折函館を訪れる友人からこの店の情報を仕入れていました。
ぐるっと見回してみると、「茶夢」がいちばん多くの客を集めているのです。


生うにを食べるのが目的でした。
函館丼というのが
生うに、いくら、カニというセット。

1036442.jpg

これを少し小振りにして真鱈の三平汁を付けたのがCセットです。

1036446.jpg


オーダーすると、自動的に12種類の小皿が運ばれてきました。

1036441.jpg

これがこの店の流儀のようです。

手前の真ん中。これが傑作、イカのゴロみそなんです。イカのワタを唐辛子などで炒めたものですが、アミノ酸の塊のような旨みを供しているんです。
「これだけで酒が飲めます」と同行のカメラマン・ハリー中西さんの目が輝いています。

1036449.jpg

これだけではありません。
函館名物・イカすし、イカのワタ和え、ポテトサラダなどなど、これだけでも満足といいたいぐらいです。


そこに函館丼の登場です。

生うにの味が違います。
あのみょうばんの香りなしで、甘みが上品なのに濃厚です。これはガッとかき込んでしまいました。
イクラも同様です。


そこで白ご飯を残し、先ほどイカのゴロみそなどで食べるのです。
朝から白ご飯をペロリと平らげました。

これで函館にやってきたという気分は味わったわけです。

しかし朝市は、呼び込みが強烈で、ゆっくり魚介類を観察する気になりません。もう少しじっくりと買い物はしたいものです。

1036448.jpg

茶夢
函館市若松町9-15
0138-27-1749

12/19付、門上武司食研究所サイトに

 ☆『海外通信』 London通信 Vol.4
  ロンドンがシャンペンで溢れるその訳とは

アップしました。↓

 http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆「名店の賄い」第二回
  「神戸北野ホテル フレンチレストラン・アッシュ」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.2「日本酒、世界へはばたく」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.3 「Vieux Chateau Certan (ヴュー・シャトー・セルタン)2000・2005」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」
 
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年12月20日 11:12

コメント