« 「広東」   徳島県・徳島市   ラーメン | メイン | 「江戸京錦店」   京都市・錦小路   寿司 »

2007年12月14日

「神戸元町別館牡丹園 梅田店」  大阪・梅田  広東料理

忘年会シーズンである。「あまから手帖」編集部とクライアントの忘年会。昨年は鶴橋の「龍園」という出色の韓国家庭料理の店を教えてもらったので、今年はこちらのセレクトです。
店名からも類推されるように本店は神戸元町。

円卓を囲んでの宴会です。

まずは前菜。

1036270.jpg

伊勢海老
蒸し鶏
焼き豚
くらげ
腸詰め
典型的な中華料理の前菜ですが、蒸し鶏のネギソースの軽やかさが印象に残っています。


フカヒレの姿煮

1036274.jpg

これもソースの質が問われる一品。
贅沢な気分です。


みる貝の温製

1036276.jpg

これもここのスペッシャル。熱い油をじゅっとかけたもの。みる貝の甘さが生きています。


お好み焼き二種

1036281.jpg

海老のすり身のお好み焼き
牡蠣のお好み焼き
前者はやさしく、後者は濃厚。どちらもクセになる味わいです。


干し貝柱の煮込み。

1036284.jpg


豚すね肉の煮込み。

1036286.jpg

1036290.jpg

これぞここの謹製です。長時間蒸し上げるというか煮込む。皮の部分はとろとろで、身はしっとり。


トリッパの煮込み。

1036294.jpg

絶妙の食感に、ソースの旨さがたまりません。


ここで打ち止めかと思ったところに

1036298.jpg

神戸牛の広東風ステーキ。牛肉の旨みがすべてを物語っています。


カニの詰め物。

1036302.jpg


締めは、白髪ネギの焼きそば。

1036307.jpg

シンプルですが、麺に対する味付けと白髪ネギのしゃきしゃき感でするっと食してしまいました。


杏仁豆腐。

1036309.jpg


まあ、広東料理の実力をみせてもらったディナーでした。


神戸元町別館牡丹園 梅田店
大阪市北区角田町3-25
エストエッジビル4F
06-6376-6606

12/14付、門上武司食研究所サイトに

 ☆『海外通信』 Paris通信Vol.4
  フード・コンサルタント、エレーヌ・サミュエルによる新しいカフェ空間

アップしました。↓

 http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆「名店の賄い」第二回
  「神戸北野ホテル フレンチレストラン・アッシュ」

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.2「日本酒、世界へはばたく」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.3 「Vieux Chateau Certan (ヴュー・シャトー・セルタン)2000・2005」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」
 
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年12月14日 15:25

コメント