« 「Quattro Stagioni」クワトロ スタジオーニ   愛媛県・西条市   イタリア料理 | メイン | 「神戸元町別館牡丹園 梅田店」  大阪・梅田  広東料理 »

2007年12月13日

「広東」   徳島県・徳島市   ラーメン

雑誌「ソトコト」の取材で徳島県・東祖谷まででかけた。その帰りに相棒にしてラーメンフリークのカメラマン・ハリー中西さんと当然のように徳島ラーメンです。

1036236.jpg

老舗と名高い「広東」の本店。この店構えの渋いこと。支那そばと書かれています。
「なかなかおいしそうな雰囲気ですね」とハリーさんの鼻がピクピクしている。


店内の様子もご覧の通り。昔ながらの作り方を踏襲しているという感じです。

1036251.jpg

1036241.jpg


まずはレジで食券を購入です。プラスティックの番号札。
肉玉入りとご飯。


徳島ラーメンの到着です。

1036238.jpg

豚骨・鶏ガラスープに、シャキシャキのタケノコ、豚肉の醤油煮、モヤシ、ネギ、生玉子と徳島ラーメンの王道、というかならではのトッピングなのであります。


麺のしゃきっとした感じもいいです。
スープは濃厚なのですが、きれがすっきりとしていて、後口は早々にクリアになってゆきます。


そこでハリーさんの指南なのですが、必ず白ご飯を取って、豚肉をおかずにご飯を食べるというのも徳島スタイルです。

1036249.jpg

そういわれて回りを見渡すと、相当な年配のお婆さんもこのスタイルでした。

帰りのクルマで「ご当地ラーメン行脚」という企画はどうですかね、という話題になっていました。

現在は「ご当地カツ丼」進行中で「あまから手帖」4月号で、その成果を発表する予定です。


1036256.jpg

広東
徳島県徳島市南矢三町2-4-20
088-632-7925

12/7付、門上武司食研究所サイトに

 ☆「名店の賄い」第二回
  「神戸北野ホテル フレンチレストラン・アッシュ」

アップしました。↓

 http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.2「日本酒、世界へはばたく」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.3 「Vieux Chateau Certan (ヴュー・シャトー・セルタン)2000・2005」


 ☆『海外通信』 Torino通信Vol.3
  ソレント生まれピエモンテ発のイタリア最高峰の魚介料理

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」
 
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年12月13日 13:20

コメント