« 「鶴参」   神戸・二宮商店街   肉料理 | メイン | 「太庵」大阪・島之内・日本料理 »

2007年11月29日

「Fujiya1935」   大阪・内本町   スペイン料理

先月の「Fujiya1935」です。フランス料理のシェフを含め5名のテーブル。そのうち3名は、「Fujiya1935」初体験です。

軽く燻製にした牡蠣フライ

1034830.jpg

これは手でつかむのですが、口に入れたとたんに薫香が広がる。


次は、

1034832.jpg

レモン風味のタブレット
ピスタチオのメレンゲ

1034833.jpg

キノコのスナック

1034834.jpg

乾燥させた黄色い紙

1034836.jpg

どれも藤原さんらしい機知に富んだ料理です。小さな料理を幾つかまとめて供するというが最近の傾向です。キノコの形をデザインするなど遊び心も楽しいところです。


磯の香りの風船、フランとイクラ

1034839.jpg

1034841.jpg

風船を嗅ぐと確かにかすかな磯の香り、それを感じながらフランとイクラ。海への憧憬を感じてしまうのです。


白トリュフの雫 しっとり火を入れたフォアグラ、ジャガイモのコンソメ

1034843.jpg

1034842.jpg

このフォアグラの火入れは、藤原さんのスペッシャリテ。食感も含め傑作です。白トリュフの雫も面白い試み。


松茸とピスタチオのペンノーニ

1034844.jpg


乳脂肪を固めたバターとトマトのスープ

1034846.jpg

香りはトマト、味わいは乳脂肪でした。


太刀魚・黒皮茸のソース・熟成玉子

1034848.jpg

皿の手前にうっすらソースが塗られています。


山の香り 山の砂とキノコ

1034851.jpg

1034853.jpg

葉っぱには山の香りが塗ってあり、それをなめるとそれを感じる仕掛けです。


ドンブ産鶉のロースト カカオと赤ピーマン サルサ・モレ

1034855.jpg

カカオを使うことで、味わいに変化が生まれてくるのです。


お母さん手製のリキュール

1034856.jpg


菊菜のスープ カンパリのグラニテ

1034857.jpg

これも定番の域に近づいたメニュー。


柔らかいマカロン、松の実風味

1034859.jpg

発想の転換ですが、旨い。


冷たくて温かいトラベンモストのゼリー
カラメル焼き

1034864.jpg


どんどん進化する藤原さんの料理、料理数なら16。常に刺激を与えてくれながら、その安定度は高まるばかりです。
メニューカバーも新しくなりました。

1034862.jpg


Fujiya 1935
大阪市中央区鎗屋町2-4-14
06-6941-2483

※門上武司「食」研究所サイトに、
 
 ☆『海外通信』 Torino通信Vol.3
  ソレント生まれピエモンテ発のイタリア最高峰の魚介料理

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年10月度「第58回 柏屋」

アップしました。↓

 http://
www.kadokami.com/

その他、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.2「ビュジェ セルドン(ロゼ・ムスー)」
 
 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.1「日本酒の今、これからに思うこと」

 ☆「名店の賄い」第一回 「祇園 さ々木」
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年11月29日 10:51

コメント