« 「一碗水」   大阪・堺筋本町   中華料理 | メイン | 「Fujiya1935」   大阪・内本町   スペイン料理 »

2007年11月28日

「鶴参」   神戸・二宮商店街   肉料理

焼肉というか肉料理の「鶴参」は、僕によって牛肉の新たな世界を見せてくれた貴重な一軒です。昨年、二宮商店街の中、すぐ北に移転。1階カウンター、2階テーブル席の美しい店です。新しくなって初めて訪れました。

最初は、生から始まります。

みの湯引き

1034932.jpg


心臓のさしみ

1034933.jpg


タンのさしみ

1034934.jpg


肉刺し

1034935.jpg

センマイ

1034938.jpg


生レバー

1034939.jpg

どれもフレッシュ。舌が反応します。レバーの甘みは格別です。


つぎが、ここならではのしゃぶ焼きです。

1034942.jpg

タン、つらみ、みのを薄く切り、さっと炙ったところで、割り下醤油をつけ食す。タンはサックと甘く、つらみは濃厚、みのは旨み充溢です。これを初めて食べた時の衝撃はすごいものでした。


つぎはみののポン酢。

1034951.jpg

1034952.jpg

これはやや厚く切ったみのをタレに漬け焼く。それを二度繰り返すことで、香ばしさが増しまるで焼くフグのような味わいとなるのです。


ここから焼きに入ります。

1034955.jpg

みすじとクリ。右側がみすじですが、この香りと旨みは見事でした。


つぎは左から内もも(ひうち)、上ばら、左側の下が上はらみ、上がいちぼ。いちぼのじゅわっとこぼれる肉汁には感動です。

1034958.jpg

1034959.jpg

1034964.jpg

1034965.jpg


つづいてホルモン焼きです。

しまちょうと赤せん。赤せんの焼けて溶け出した脂分の甘さと旨みの融合は涙ものです。

1034966.jpg


レバー、上みの、せんまい。焼くと生とは違った味わいです。

1034967.jpg

1034970.jpg

1034972.jpg


しめは、途中でしゃぶったテールで取ったスープをベースにしたラーメンです。

1034973.jpg

このスープは、ラーメン屋さんのそれとは一線を画くもの。これだけ食べるというわけにはいかない一品。しかし、この比類なきラーメンは贅沢の極みといえるかもしれないのです。

1034974.jpg
1034975.jpg

牛肉のあらゆる部位をいかに食べさせるか。行く度に新たな発見があるのです。


鶴参
神戸市中央区二宮町3-3-6
078-251-1987

投稿者 geode : 2007年11月28日 14:00

コメント