« 「Patous・パトゥ」神戸市・中山手・フランス料理 | メイン | 「鶴参」   神戸・二宮商店街   肉料理 »

2007年11月27日

「一碗水」   大阪・堺筋本町   中華料理

連日満席が続く、大阪の中華料理店「一碗水」。パリから友人夫妻が一時帰宅。彼らは翌日京都で和食を食べるので、中華料理か牛肉を希望。偶然にも、「一碗水」の席を友人が予約をしており、メンバーが決まっていなかったので一部を譲ってもらった。
1035499.jpg


まずは長茄子から開始。
1035501.jpg
徳島の長茄子、干しエビとニンニク風味。これがインパクトあり。
干しエビの味わいが長茄子に旨みをプラス。


厚気の牡蠣の湯引き
1035502.jpg
プルンとした牡蠣の苦味にオイスターと生姜の香り。旨み凝縮です。


黒酢の酢豚
1035504.jpg
もはや安定の一品です


金華ハムに上海蟹の味噌を包み込んだ白玉。
1035507.jpg
広東白菜と清湯。このスープが見事。


この季節ならではの上海蟹
1035508.jpg
この味噌の味わいはたまりません。しばし無言の時間が続きます。


上海蟹の料理。
1035510.jpg
甘エビ、銀杏、百合根、山芋、上海蟹の味噌、卵白仕立て。これは食感も含めて完成度が極めて高い料理でした。


栗を使った一品。
1035513.jpg
銀寄せに白菜の芯、チベットのサフランを使ったスープ。栗の甘みが素敵でした。


布豆腐包み蒸し
1035516.jpg
挽肉と上海蟹を布豆腐で包み蒸し上げ、中国辛子菜添え。


炒飯
1035519.jpg
アワビと肝の炒飯。濃厚だが、その味わいゆえペロリと平らげる。


デザートは
1035521.jpg
胡桃とバナナと小豆の中華クレープ

しょうが茶でしめくくり。

相変わらず快調な南茂樹さん。上海蟹の美味しさもさることながら、布豆腐の味わいなど地味な仕事の奥に光る技がある、と改めて実感した時間でした。
1035522.jpg


一碗水
大阪市中央区安土町1-4-5
大阪屋本町ビル1階
06-6263-5190

投稿者 geode : 2007年11月27日 09:54

コメント