« 「メキシコ3日目の昼と夜」メキシコ・プエプラ | メイン | 「鮨 原正」   大阪・谷町9丁目   鮨 »

2007年11月16日

「メキシコ最終日」 メキシコ・プエプラ

いよいよプエブラの最終日です。

1035437.jpg

会議は午前中で終了。会長始め、理事などの決定です。驚いたのは、副会長の指名は会長権限です。これまで2名だったところが、3名に増員。それもケニアのスローフード食科大学に通う20歳の青年が選ばれたのです。これからは、若い世代の積極的な参加を促そうということ。

昼食です。最終日はテーブルクロスがオレンジに変わっています。

1035443.jpg


パンが配られる。中にはチーズが入りコクありです。

1035446.jpg


次なる料理!!!


アボカドのムースなのですが、そこになんと虫が付け合わせです。おそらくイナゴでしょう。唐揚げ、塩の味が強いです。パリパリと香ばしく、その塩分と香ばしさでアボカドを食べるのですが、形が見えているとなぜか食べるスピードが落ちてゆきます。テーブルを囲んだご婦人方にはちょっとインパクトが強いようでした。

1035447.jpg


スープです。

1035455.jpg

中で黒く見えているのは唐辛子。これが結構辛いんです。

メインはモーレソース。

1035456.jpg

やはり鶏料理です。モーレソースのチョコレート・スパイシーな味もようやく慣れてきたところで帰還です。


マリアッチの演奏が入ります。
会長もまた上機嫌で唄い、それに呼応するかのように、学生のテーブルは大きな盛り上がりを見せるのでした。

1035453.jpg
1035462.jpg

会場からバス乗り場に向かう途中に、光と影の素敵な交差があったので一枚撮りました。

1035466.jpg

というわけで、スローフード世界大会は無事終了し、メキシコシティ経由で日本に帰って参りました。これにてメキシコ便りもおしまいです。


※門上武司「食」研究所サイトに、
 11/14付
 ☆『海外通信』 London通信Vol.3「シェークスピアの国の料理本って?」をアップしました。

 http://
www.kadokami.com/

 その他、
 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.2「ビュジェ セルドン(ロゼ・ムスー)」
 
 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.1「日本酒の今、これからに思うこと」

 ☆「名店の賄い」第一回 「祇園 さ々木」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年9月度「第57回 福臨門酒家 大阪店」
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年11月16日 09:48

コメント