« 「グリル 梵」   大阪・堂島   カツサンド | メイン | 「西洋茶会」京都・山科 »

2007年11月 8日

「ふぁいみーる」大阪・北新地・お好み焼・鉄板焼き

かつて新大阪に「ふるさと」という伝説の鉄板焼きとフレンチを供する店があった。
その発展系が、移転したという情報を入手していた。それが北新地の「ふぁいみーる」であることを信じて出かけたのです。

ビルの二階。階段を上がり、中に入ると元気のいいスタッフが出迎えてくれる。すっと、店に溶け込んでゆく。メニューをじっくり見ていると、そのスタッフが丁寧な説明を加える。


そうこうしているうちに突き出しのラタトゥイユが出る。

1034778.jpg

パンに付けながら食す。そしてオーダーとなる。いいリズムだ。


ふぁいみーるサラダ

1034779.jpg

キノコやトマト、ジャガイモなどかなり多数の野菜が入ったサラダ。しっかりとしたボリューム。鉄板・お好み焼で、この分量はうれしい。


続いて塩焼きそば

1034782.jpg

これがいけました。塩の力は偉大だと感じたのである。塩が旨みを引き出す。麺にもその力は及ぶ。


牛すじとトマトのオムレツ

1034784.jpg

1034787.jpg

このビジュアル。ソースとマヨネーズたっぷりです。若い人達が好む味わい。牛すじの旨みはしっかりです。


砂ずりと野菜炒め

1034789.jpg

こりこりとした食感から旨みがにじんでくる。これも鉄板焼きの醍醐味でしょう。


豚玉

1034792.jpg

お好み焼きの王道。ふんわり焼きあげるテクニックは見事で、すっと胃袋に収まってゆくのです。


調理するスタッフも元気。

1034793.jpg

カウンターには必須条件です。言い笑顔です。

入り口はコテを通して店名が見えるような仕掛けになっているのです。

1034797.jpg

北新地に「ふるさと」鉄板焼きの復活です。

1034796.jpg

ふぁいみーる
大阪市北区曽根崎新地1-9-15 2F
06-6346-7228


 11/5付
 ☆『海外通信』 Paris通信Vol.3「食とデザイン」 アップしました。

 http://
www.kadokami.com/

 その他、
 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.2「ビュジェ セルドン(ロゼ・ムスー)」
 
 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.1「日本酒の今、これからに思うこと」

 ☆「名店の賄い」第一回 「祇園 さ々木」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年9月度「第57回 福臨門酒家 大阪店」
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年11月 8日 10:22

コメント