« 「勝裕」   京都・西大路七条   とんかつ | メイン | 「ル・ポンドシェル」   大阪・北浜   フランス料理 »

2007年11月 2日

「寒山」   京都・西大路五条   中華料理

1034829.jpg

京都の五条通りを西へ、西大路を越え阪急電車の高架と交差する。道路は高架の下をくぐるのだが、「寒山」は側道に入ったすぐのところにある。最初は、やや分かりにくい。

黒胡麻の担々麺があると聞いていた。

まずは棒淡々鶏である。

1034810.jpg

なんと黒胡麻のペーストが乗っている。濃厚な黒胡麻に、蒸し鶏の味も負けてはいないんです。ちょっと驚きましたが、これはいけますね。


酢豚です。

1034813.jpg

野菜はブロッコリー。豚肉の旨さをきちんと表現しながら、甘酸っぱいあんが生きる。」


餃子です。

1034815.jpg

予想以上に皮が薄いのです。中からは肉汁がたっぷり。


黒胡麻担々麺。

1034816.jpg

鶏そぼろがのっています。黒胡麻の香ばしさと旨みに、スープの酸味と旨みがうまく絡んで一つの世界を作り上げています。


東ぽー肉。

1034821.jpg

これもすこしあんが絡んでいたのも、予想外でした。


デザートは

1034823.jpg

1034826.jpg

胡麻団子と杏仁豆腐です。

この胡麻団子は、カリッと表面を揚げてあるのにはびくりしました。表面はかなりしっかり固く、中のあんとのバランスはとれていました。

1034827.jpg

食べ終わって、かつて祇園で「紗那王」という中華料理があったことなど話していると「あそこの料理長は私だったんです」と衝撃の台詞が飛び出します。偶然とはいえ、ホント楽しむことができるのです。


1034828.jpg

寒山
京都市右京区西院六反田町2
アメニティー京都二番館
075-326-0232

※門上武司「食」研究所サイトに、

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.2「ビュジェ セルドン(ロゼ・ムスー)」
 
 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.1「日本酒の今、これからに思うこと」

 ☆「名店の賄い」第一回 「祇園 さ々木」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年9月度「第57回 福臨門酒家 大阪店」

 ☆『海外通信』 Torino通信Vol.2「クリスマスが待ち遠しい!」
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年11月 2日 10:26

コメント