« 「Restaurant Maekawa」  京都・祇園  フランス料理 | メイン | 「勝裕」   京都・西大路七条   とんかつ »

2007年10月31日

「ジォカトーリ」 京都・間之町二条・イタリア料理

「ジォカトーリ」イタリア語で「おもちゃ」という意味です。「イタリアワインとお菓子 ちょこっと料理の店」というのが、ここのキャッチフレーズ。以前にパティシエ
と一緒の食べた際に「このデザートは、ちがいますよ。レベルがすごく高い」と驚いたことがあります。

まず野菜が。

1034504.jpg

「ボリートのブイヨンで炊いた野菜のピクルス」という説明です。ボリートは、イタリアのおでんとも言われたりします。基本は肉を茹でる。その液体で野菜を煮るということになるのでしょう。その野菜をピクルスにするのですから味わいが少し濃厚です。酸味とかみ合っていい感じ。


それで仔牛舌のボリート

1034510.jpg

1034508.jpg

舌も旨けりゃ、野菜も旨い。どちらの旨みもしっかり味わえる料理です。ホースラディシュ、粒マスタード、小松菜・ケッパー・パセリ・オリーブオイルを合わせたもの。それで味の変化を楽しむのです。


生ハムとパルミジャーノのパスタ。

1034517.jpg

パスタでほっと一息入れたところ。シンプルですが安心の一皿です。


メインは

1034514.jpg

白金豚のロースト。がっつり食べました。噛むことによって味わいが楽しめる。でも脂分の旨みも堪能です。


さあ、ここからデザート。

1034519.jpg

赤いプリント黒コショウのソルベです。
そこに「シェフからの食後酒」と供されたのが味醂です。

1034521.jpg

甘く見事な食後酒。ロックにして合わします。

1034522.jpg

熟成味醂は、まさにデザートワインとかつて友人から教えてもらったことを、思い出したのであります。


赤いプリンは、唐辛子が入っており、ピリリという食べ味も素敵。

1034523.jpg

シェフの面目躍如というデザートです。

シェフの桑原正宏さんは、ホントに遊び心豊かな人物。いつも笑顔を絶やさない。その空気感が狭い店内に活気を与えています。


ジォカトーリ
京都市中京区間之町通二条下ル西側
075-212-0611

※門上武司「食」研究所サイトにて、

 ☆「京都・名酒館 主人 瀧本洋一の『旨酒』」
  Vol.1「日本酒の今、これからに思うこと」

 ☆「名店の賄い」第一回 「祇園 さ々木」

 ☆今月の「学会」レポート
  2007年9月度「第57回 福臨門酒家 大阪店」

 ☆『海外通信』 Torino通信Vol.2「クリスマスが待ち遠しい!」

 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.1「五月長根葡萄園2006 エーデルワイン」
 
も公開中。↓

 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年10月31日 14:25

コメント