« 「Le Toustem」    フランス・パリ     ビストロ | メイン | 「Le Grand Vefour」   フランス・パリ   レストラン »

2007年10月19日

「魚津屋」     京都・御前高辻     日本料理

京都で季節毎に訪れたくなる料理店。その一軒に御前高辻の「魚津屋」があります。ホントに目立たない灯りがひとつポツンと点ります。

1033750.jpg

その文字を見ると、この季節なら○○という気持ちが、こみ上げてくるのです。


秋の始まりというか・・・やはりここの鱧のしゃぶしゃぶが食べたくて予約をしました。

とにかくうまいモノがとんとんと出てきます。

てっぴとクレソン。

1033732.jpg

この淡い感じがいいのです。


冷製トマトのスープにトマトです。

1033733.jpg

同じ素材を種々の姿で供するのが、ご主人の得意技です。これも季節毎に登場です。

タコとしょうがです。

1033734.jpg

このしょうがが利いています。

三度豆

1033735.jpg

この潔い姿。さらりと粋です。

いわし、穴子、キス

1033736.jpg

これも焼き物三種盛りですが、爽やかです。

にんじんとにんじん葉の和え物

1033737.jpg

これも同種のバリエーション。白和えが見事です。

黄ニラと豆苗

1033738.jpg

胡麻がぷちりといいアクセントです。

フグがでてきました。

1033740.jpg


おくらと大根おろし

1033739.jpg

箸休めです。

レンコンと赤こんにゃく

1033741.jpg

ここですっとこのような料理を出すのが真骨頂ですね。

そしてウニとあわび、その肝。

1033742.jpg

これはお酒を呼ぶ料理です。ガツンです。

鱧しゃぶのお出ましです。

1033743.jpg

1033744.jpg

しゃぶしゃぶはご主人がタイミングを計って、僕達の器に入れてくださいます。この出汁の酸味がすばらしいのです。肝も入ります。

豆腐なんです。

1033746.jpg

鱧のだしで、豆腐を食べます。
だしがたまらなくうまいのを実感ですね。

ごはんは

1033749.jpg

イクラの醤油つけごはんです。これはプチプチではなくむしろしっとりとした歯応えが見事です。


香の物は

1033748.jpg

茄子とキュウリです。

締めの果実は

1033747.jpg

無花果。


冬はカニ、春の一瞬は花山椒の鍋、夏は鱧と。
器もごくごく当たり前のように使ってありますが、渋い作家ものが多いです。常連度は非常に高いです。でも、ご主人夫妻の話を聞いているだけでも楽しいです。


魚津屋
京都市中京区御前高辻
075-312-2538

※門上武司「食」研究所サイト上にて
 ☆『海外通信』 Torino通信Vol.2「クリスマスが待ち遠しい!」
 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.1「五月長根葡萄園2006 エーデルワイン」
 を公開中。↓
 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年10月19日 11:18

コメント