« 「Le Troquet」   フランス・パリ   ビストロ | メイン | 「パリの朝ごはん」     フランス・パリ »

2007年10月12日

「da rosa」     フランス・パリ     レストラン

7日は日曜日。ほとんどの店が休みです。
昼は、モンパルナスにクレープ通りがあり、その一軒「creperie josslim」でクレープです。ベーコン&玉子、チーズ、アイスクリーム入りなど数枚。


そこからは文化の日と称して美術巡りです。
改装された「オランジェリー美術館」では、モネの「睡蓮」の凄さを再認識しました。その絵画に潜んでいる数々のモチーフというか作者の思想を追いかける楽しみです。


夜は、ホテルからぶらぶら歩いて「da rosa」に。食事もできるシャルキュトリです。

まずはオリーブをつまみながらメニュー決め。

1034213.jpg

このオリーブがすこぶる付きの旨さで、つい止まらなくなってしまいます。

スペインのイベリコ・ベジョータ・ウニコ。

1034215.jpg

円熟味を帯びた妖艶な姿に思わず舌が震えてきました。ねっとりと口内の粘膜を刺激する味わい。

こちらはイタリアのクラテッロ。

1034217.jpg

イベリコ・ベジョータに比べるとやや若い蕾という感じが否めません。でもしっかり美味しさを発揮しようと可愛い味わいです。

サラダです。

1034218.jpg


リゾット

1034224.jpg

このリゾットは少し大味です。塩分のバランスがすこし崩れていたのでしょう。

サラダニソワーズ。

1034226.jpg

面白い盛り付けです。

ペンネ

1034227.jpg

これは普通でした。

ガスパチョ

1034230.jpg

これは軽さはあるのに、野菜の輪郭はきちんと現れている秀逸な一品でした。

タラモ

1034232.jpg

ふんわりと空気を含んだタラモはパンに付けると、旨さが倍増です。これはいけました。

地下室にはイベリコ・ベジョータなどが熟成中。

1034234.jpg

店内では生ハムを始め、加工品に惣菜、チョコレートなどの販売。そして僕達のようにテーブルで食事をするのも可能。軽い晩ご飯にはもってこいの一軒です。


1034238.jpg

da rosa
62.rue de seine 75006 paris
+33 (0)1.40.51.00.09

投稿者 geode : 2007年10月12日 10:21

コメント