« 「Le Severo」   フランス・パリ   ビストロ(肉料理) | メイン | 「da rosa」     フランス・パリ     レストラン »

2007年10月11日

「Le Troquet」   フランス・パリ   ビストロ

6日の昼は「ANGELINA」で鴨のコンフィとサラダ、オムレツやキッシュを取り、締めはやはりモンブランでした。

1034070.jpg


そして夜は、いま話題のレストラン「Le Troquet」に。パリ在住のジャーナリスト・伊藤文さんにも加わっていただきました。以前から注目していた方なので、うれしい邂逅です。
メニューはコースでお任せしました。

まず最初に小さなプレートにサラミやチョリソなどスライスされたモノが並ぶ。これらがねっとりしていて旨みが乗っています。

1034090.jpg


次はスープです。

まずスープ皿が届きます。

1034095.jpg

中には松の実、生ハムの細切れなどが。

おおきなチューリンには冷たいスープが入っていて、それを好きなだけ注ぐというスタイルなのです。

1034097.jpg

スープはパネと呼ばれる白ニンジン。デンプン質が多いのですが、口当たりは至極滑らか。すっきりとした甘みが喉を心地よく通過してゆくのです。

1034098.jpg


茸の料理です。

1034100.jpg

ジロールを始め茸のサラダ仕立て。ピストウソース(バジル主体)です。茸の強い香りと味に酸味を含んだバジルの香りがよき相性です。


魚料理です。

1034106.jpg

舌平目のトマトソース。舌平目はしっかり油分を含んだソースで火入れ。身の厚さというかしまり具合が、日本のものとはちがいます。
トマトもたっぷりと添えられて。

1034103.jpg

肉料理です。

1034109.jpg

バスクの豚は肌理細かく、味わいもしまっています。ここにも茸が添えられていました。豚の美味しさを改めて実感です。
ジャガイモのピュレも濃厚です。

1034110.jpg


チーズも。

1034112.jpg

バスク地方のチーズに黒さくらんぼのジャム。塩分と甘みの美しき饗宴ですね。


デザートは

1034113.jpg

フロマージュブランのソルベです。


料理はコースを通して勢いのある内容です。今回は12名ということで、コース料理にしたのですが、少人数ならスタートのサラミなどをつまみながらメニューを決めてゆくというのも楽しいコトでしょう。
ずっと満席が続いているというのも納得のレストランです。

1034118.jpg

Le Troquet
21 rue francois bonvin
+33 (0)1.45.66.89.00

投稿者 geode : 2007年10月11日 10:31

コメント