« 「vento」     京都・寺町     イタリア料理 | メイン | 「浮橋」  京都・京都駅グランヴィアホテル   日本料理 »

2007年9月27日

焼きya「天下茶屋 たゆたゆ」   大阪・天下茶屋・焼きとん

京都の若き料理人と月に一度の勉強会。今回は先方から「豚料理」というリクエストが出た。豚はここ数年銘柄豚が登場し、俄然面白くなった。
豚を扱う料理店が増え、選択に困るほどである。


さまざまな情報を収集し、天下茶屋の焼きとんya「天下茶屋 たゆたゆ」に出かけた。堺筋本町の大阪商工会議所での仕事を終え地下鉄堺筋線に乗る。本町から約20分強で天下茶屋に着く。駅からは数分の立地。

1033663.jpg

店の看板と提灯がいい雰囲気をつくってます。
これで期待は高まるのです。

カウンターに女性2名、男性5名という組み合わせです。主の川端友二さんに任せました。豚は茶美豚です。

まずはガツしんです

1033665.jpg

胃袋の湯引きにポン酢たれ。こりっとしていいですね。


焼きで2種

1033666.jpg

右はガツしんで塩
左はタン下は醤油たれ
まったく臭みなどなし、食感の楽しみです。


もつ鍋

1033668.jpg

これが味噌ではなくすまし。生姜がきいて見事な味わいです。これにはやられました。


のどぶえ

1033670.jpg

気管弁です。軟骨に近い感覚。これで二頭分です。


てっぽう

1033672.jpg

直腸。一口目は少しホルモンの匂いがするのですが、二口目はすぐに慣れるんですね。旨さが先行です。


次も二本。

1033674.jpg

右がチレ、脾臓ですが背肝に似た感じで好きな部位です。左はちちかぶ、乳腺です。


生つくね

1033675.jpg
これは鶏のつくねです。

これは貴重です


丸腸

1033678.jpg

脂がじゅわっとで味の濃い部位。いいです。


つくね

1033679.jpg

これは豚と鶏との合い挽きです。生卵を付けるのも素敵なプレゼンテーションです。


締めのご飯は各種

たまごかけご飯

1033680.jpg

じゃこ飯

1033682.jpg

ささみ丼

1033684.jpg

バターしょうゆご飯

1033685.jpg

このバターしょうゆご飯は小さい頃によく食べたものです。旨さの出し方が見事です。

非常にざっくばらんな雰囲気の中で、確実に旨いモノを供する。これは繁盛の法則です。「九州の養豚場から見てきました」という川端さんの熱意も十二分の伝わってくる店です。北加賀屋にもつ鍋の店ありです。

焼きya 天下茶屋 たゆたゆ
大阪市西成区天下茶屋3?23?22
電話:06-6659-1201

※門上武司「食」研究所サイト上にて
 『海外「食」レポート』Torino通信Vol.1 「食に保守的なイタリア人が
受け入れる新しいパスタとは?」を公開中。↓
 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年9月27日 14:11

コメント