« 「濱田屋」     松山・伊予市     和食 | メイン | 「ひさ田」     岡山・赤磐市     寿司 »

2007年9月21日

「京都ネーゼ」     京都・木屋町三条     イタリア料理

「京都ネーゼ」。京都の、とか京都風などの意味を持つ。この店名が示すようにイタリア料理店です。
シェフは、森博史さん。カウンターが魅力のイタリアンなのです。というのは、カウンターの使い方は、まるで板前割烹そのもの。つまり、食べる側のリクエストに答えていただけるわけ。

京都産 ヤギのフレッシュチーズから始まりました。
吉田さんのレーズンパンです。

1033572.jpg

これが滅法旨いんです。チーズのフレッシュ感が素晴らしい。


「このスライサーを見た時に、店をやろうと決心しました」と森さんが話すスライサー。

1033574.jpg

じつは、これを使って自分で生ハムを切るのです。チャレンジしました。
「うちは参加型の料理店です」と笑いながら、いいですね。


その成果です。

1033576.jpg

生ハムとイチジク、ゴールデンコンビです。


淡海地鶏の内臓 軽いスモーク

1033581.jpg

白肝、背肝、丸肝、せせり、白子、鶏冠などに火入れしてから軽く煙を当てます。このスモークの器がいいんです。チップはサクラとクルミ、そこにローズマリー、タイム、ウイキョウで香り付けです。これにはやられましたね。鶏冠も可愛いでしょう。


スパゲッティカルボナーラ 淡海地鶏のキンカンと共に

1033584.jpg

キンカンはねっとり。それをつぶすとまた濃厚な玉子の味が広がる。ふんわりパルミジャーノと絡み合っていい具合になってきます。


シャラン産の鴨

1033588.jpg

器が面白い。それをいかに活用するのか。それもシェフの腕前であります。この焼き色も見事です。


デザートは

1033589.jpg

温かいチョコレートケーキ。フォンダンショコラですね。容器に入れたまま温めるので、温度が保たれる。中からチョコレートがトロリとでてきます。

1033591.jpg

エスプレッソを飲みながら、シェフといろいろおしゃべりできるのが、ここの愉しさでもあります。午前0時オーダーストップというのは、有り難い一軒なんです。

1033594.jpg

京都ネーゼ
中京区三条木屋町上ル三軒目
三条木屋町ビル3F
075-212-2129

※門上武司「食」研究所サイト上にて
 『海外「食」レポート』Torino通信Vol.1 「食に保守的なイタリア人が
受け入れる新しいパスタとは?」を公開中。↓
 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年9月21日 17:06

コメント