« 「よっちゃん」     京都・東九条     お好み焼き | メイン | 「濱田屋」     松山・伊予市     和食 »

2007年9月18日

「千里山 柏屋」   大阪・吹田       日本料理

名神高速道路沿いの住宅街。そこにひっそり佇む「柏屋」は料亭である。
1033295.jpg
主は松尾英明さん。
大学は理学部で理論物理学を学ぶも、お茶の世界に魅せられ四日市の名料亭「招福楼」に入る。いま、大阪でも高い評価を受ける一軒である。


庭の手入れはいつも行き届き、お茶室は静謐な雰囲気を漂わしている。
1033320.jpg
『あまから手帖』の編集者と二人。男性二人です。
主題は九月ですから「月見」です。


まずは
衣かつぎと枝豆、アワビ。
1033298.jpg
枝豆の塩分と硬さが秀逸でした。
温度と香りがいいですね。


トウモロコシのすり流しに鮎
1033299.jpg

1033300.jpg
鮎のリエットですね。素揚げして松の実と大徳寺納豆を入れます。トウモロコシの甘さと鮎の苦味がいいですね。


椀物は
ハモに加賀の百万石椎茸
1033301.jpg

1033303.jpg
梅干しにほうれん草の軸。この椀物のだしこそ「柏屋」の真骨頂ですね。


造りは
1033304.jpg
鯛、剣先イカ、車エビ。松前醤油がつきます。端正な仕事です。


おしのぎ
1033306.jpg
カマスの焼き霜のお寿司。
ほんのり温かいです。


八寸
1033308.jpg
これも「柏屋」の見せどころ。季節感たっぷり。一つひとつきっちり味を含ませ、視覚的にも美しいです。


焼きもの
1033310.jpg
甘鯛の海老味噌焼き。ウロコはパリッとして香ばしく、見事です。


冬瓜のそーめん
1033311.jpg
生の冬瓜を細く切り、蓮のデンプンを塗り作る。ぬるっとした食感のあと、歯応えが。これは素晴らしい食感です。


炊き合わせは
1033314.jpg
シャラン産の鴨、冬瓜、シシトウなど。


ご飯は
1033315.jpg
鯛の紅梅煮のお茶漬け


デザートは
1033316.jpg
桜桃とピオーネ。


玉子のくず焼き。
1033319.jpg
温かいのです。
あとは抹茶がでました。


ここで食事をする度に、季節感や食材の使い方に感心するばかりです。季節を変えてまた来たいと思うのです。
1033294.jpg
松尾さんのことは、10月23日発売の『あまから手帖』07.11月号の「僕を呼ぶ店」という連載で原稿を書いています。

柏屋
吹田市千里山西2-5-18
06-6386-2234

投稿者 geode : 2007年9月18日 16:24

コメント