« 「中野家六角」     京都・烏丸六角     焼肉ホルモン | メイン | 「ラ・ルッチョラ」     大阪・福島     イタリアン »

2007年8月31日

「茶房一笑」     金沢・ひがし茶屋街     日本茶カフェ

「あまから手帖」編集部旅行。大阪から金沢までJRで。金沢で寿司を食す。そしてお茶を飲んで能登半島というスケジュールです。

金沢は「ひがし茶屋街」というかつての花街。そこに種々の店が暖簾をおろす。あたかも三味線の音が聞こえてきそうな佇まい。いまも粋な情緒たっぷりの界隈です。

1032939.jpg

1032941.jpg

周りの風景とのコラボレーションも面白いものです。

その一軒「茶房一笑」は加賀棒茶の老舗「丸八製茶場」直営の日本茶カフェ。建物はしっとりとした空気が流れています。

1032942.jpg


棒茶、煎茶、玉露、抹茶が揃う。

1032944.jpg

セットメニューでお菓子が付く。
抹茶とお菓子のセットを選びました。

抹茶はたっぷり、やや熱めの温度で供されます。いい味わいです。
お菓子も山芋を使ったものや、黒蜜を配したものなど独創性溢れるもの。抹茶との相性がぴったりです。

1032945.jpg

1032946.jpg

最後には、お茶と軽いお菓子がでました。

1032948.jpg

こういった店に入ると、いかに自分が茶道の心得というか、日本のお茶に対しての知識が欠如しているか、しみじみ感じるものです。


辻口博啓さんというパティシエが、「世界を制するには、和を知ること」というフレーズを書いていました。確かに、それは一理ありと・・。


茶房一笑
金沢市東山1?26?13
電話:076?251?0108

投稿者 geode : 2007年8月31日 10:17

コメント