« 「la-luna」     大阪・本町     イタリアン | メイン | 「オステリア トレパーチェ」   福井・大手   イタリアン »

2007年8月28日

「海力」     大阪・緑     寿司

1032936.jpg

大阪環状線・森ノ宮駅から東へ、緑橋方面に進むとなだらかな坂道となる。中腹の南側に「海力」と書かれた暖簾が見える。

この店を知ったのは6年程前のこと。「トラットリア・パッパ」の松本喜宏シェフから「面白い寿司屋さんがあるんです」と教えられのがきっかけです。ほどなくして「あまから手帖」の寿司特集があり、編集者とともにロケハンにでかけました。おそらく二三貫食べたところで、「これはいけますね」とお互いに頷きあったことを今でもしっかり覚えています。

江戸前の仕事をした寿司でもなく、かといって関西の新鮮なネタを寿司飯と合わせたタイプでもない。大将・金田大志さんの個性が強烈に光っていた寿司でした。

それは、大将がすべてのネタになんらかの調理を施す。食べる側が、自ら醤油を塗ることはない、というスタイルでした。

内容はどんどん進化します。
いつも大将にお任せで握ってもらうのです。

1032935.jpg

平目の昆布締め

1032917.jpg

昆布の甘みと平目の旨み。


さくらの炙り

1032918.jpg

馬肉の炙り。こうね(たてがみの下の脂)の脂分が馬肉に旨みを添えます。


天然シラサエビのおどり

1032919.jpg

まだ身がぴくぴくと動いています。


活け鱧の炙り

1032920.jpg

さっと炙ったところで醤油をかるく。いい塩梅です。


新子

1032921.jpg

コハダが小さいので三枚重ね。酢の締め具合がほどよいのです。


エビの頭

1032922.jpg


先ほどのおどりの残り。


イカうに

1032923.jpg

これぞこのコースのきっかけとなった寿司。イカとウニが好きな客がいて、それじゃ一緒にということで生まれた寿司です。剣先イカに淡路の赤うに。


活けほたて

1032924.jpg

塩と振り柚子で完成です。


きんきの炙りと肝

1032925.jpg

肝がとけてその甘みが旨みに変わってゆきます。


富山の白えび

1032926.jpg

白エビの甘みがたまりません。おかわりしたいぐらいです。


生本マグロのづけ

1032927.jpg

づけは香りが勝負です。


活けズワイガニ

1032928.jpg

身をほぐして、凝縮させるのが技。


徳島・阿波のアワビ

1032929.jpg

肝をソース変わりさす。


あなご

1032930.jpg

あなごのややカリッとした食感を好む人も多い。


ばくだん

1032931.jpg

オリジナル。ネギトロ状態にタクワン、数の子が入る。それぞれの個性をだしながらまとまりは見事です。


太刀魚のあぶり

1032932.jpg

これも見事な逸品です。


すじこの醤油漬け

1032933.jpg

手で食べるのですが、そのぴちぴちした感触がたまらなかったのです。


トリガイの炙り

1032934.jpg

これでぐっと甘みが増してゆくはずです。


ここまで一切醤油をつけることなく食す。一つひとつに金田さんの思いがみっちり詰まっています。
それと大将との会話がじつに愉しい。いろんな話題を提供しながら、カウンターの雰囲気を和らげてゆくのです。


海力
大阪市東成区中道2-4-4
06-6974-1239

投稿者 geode : 2007年8月28日 16:24

コメント